狼と香辛料 1感想・原作比較

狼と香辛料 1感想・原作比較



いい加減、田舎道も飽きてきたな。
なぁ?

・・・

はぁ。



物語の導入部は非常に重要なのですが
キャラ説明
これも重要だと思います。

その点この狼と香辛料
まず一番重要な主人公
ロレンスはいい加減一人で居るのに飽きてきた。
いつも一緒に居る相方の馬に声をかけるのだが
馬が返事をするわけも無く
変に説明臭くない導入部で良いと思います。



何事ですか?
いつになく物々しいご様子ですが。

実は西の村で異教徒の祭りが開かれるらしいのだ。

異教徒?

ぅん。
唯一絶対の神を信じない
まったくけしからん奴らだ。
教皇様も昔のように
もっとお力を振るわれれば良いと思うのだが
どうもままならないらしい。
おそらく異教徒が卑怯な手を使っているのだろう。



ヨーロッパの歴史をみると
それはキリスト教の歴史ともいえます。
色々な場面でキリスト教がどの程度力を持っているのか?
ここから時代設定が理解できるのですが・・・

おそらくカトリックの力が落ちはじめた
その頃の事だと思われます。
アニメでは出てきませんが
原作のほうではロレンスはここで見張りの兵士に
蜂蜜菓子を勧めています。
ささやかな賄賂なのでしょう。



最後の一束だ。

欲張りが麦を隠してないか?

よく確かめろ!
ホロが逃げるぞ!

狼を掴んだのは誰だ?
誰だ?

クロエだ!
クロエだ!
クロエだ!

はぁ・・・

ドサ
キィ

ぁ?

おぉ!!

ホォゥ!

狼ホロが現れた!

捕まえろ!

そっちへ行った!

ロレンスさん
捕まえてくれ!

ぁ?

え?!

久しぶりなんだから
今夜おごってね。

ぇ?

はぁ。
何が今夜おごって?だ。
一週間、その中だろ?



最後の一束の麦を刈り取るのは
娘の(クロエ)役目。
なぜならそこに豊作の神、ホロが宿っているから。
刈り取った麦束を持ったクロエはホロの役を演じ
穀物庫に閉じ込められカンヌキをかけられる。
どうやら1週間、その中で過ごすのがしきたりらしい。



トレニー銀貨ですか。
この辺ではまず見かけなかったが。

ふふふ。
もう錆びて黒ずんだ
リュート銀貨とはおさらばですよ。



後で詳しい説明があったと思いますが
この会話から同じ銀貨でも
トレニー銀貨のほうが格が上のようです。



嘘だろ?!
おい!
ちょっと・・・

ぅ・・・ぅ・・・

ゴクリ
起きろ!
人の荷馬車で何やってるんだ!



クロエが最後の一束の麦を刈ったとき
ロレンスの荷馬車で
何か重いものを積んだような音がするのだが
その時、ロレンスはあれ?と思うものの
特に気にかけなかった。

しかし
荷馬車のシートの下で動く気配がするので
開けてみると・・・
そこには裸の少女(?)



起きろって言ってるんだ!
な・・・!
み・・・耳?
あぁ・・・

ふぁ〜。
あぁ〜。

お・・・おい・・・
ぁ!

はぁ〜
ァオゥ〜ン!

ヒヒ〜ン



少女の頭には・・・
獣の耳が・・・
目を覚ました少女はいきなり遠吠えをする。
その声に驚く馬。

たしかに犬も遠吠えをしますが
おそらく狼の遠吠えは犬のそれとは大きく異なるはず。
当然、同じ獣である馬が驚くのは当然です。



ぬしよ。
酒など無いかや?

ぁ?
そ・・・そんな物は無い。
だいたい・・・

なんじゃ。
なら食べ物は・・・と・・・

ぁ・・・

おや?
勿体無い。



ロレンスの慌てぶりとは対照的に
全く悪びれない少女。
そして
ロレンスがびっくりして口から落としてしまった
干し肉を勿体無いと食べてしまう少女。



シャキン

お前
悪魔つきの類か?

恩知らずじゃな。
わっちに剣を向けるとは。

な・・・なんだと?

あ、そうか。
ぬしは村の人間じゃ無かったの。
ごめんよ。
忘れとったわ。

わっちの名前はホロ。
しばらくぶりにこの姿をとったが
ぅん。
なかなか上手くいっとるのぉ。

ホロ?

うん。
良い名じゃろ?

奇遇だな。
俺はその名前で呼ばれているモノを知っている。

ほぉ?
わっちはわっち以外にホロと呼ばれる者を
知らなんだ。
そいつは何処の者かよ?

この周辺の村に代々伝わる神の名だけど
まさかお前
神だとでも言うのか?

ふ。
わっちは神と呼ばれて
長い事この土地に縛られてきたが
神なんてほど偉いものじゃありんせん。
わっちはホロ以外の何者でもない。

生まれてからずっと家の中に閉じ込められていた
頭のおかしい可愛そうな女だとでも?



短剣を構えるロレンスだが
驚いて腰を抜かす寸前なのは一目瞭然。
そんなロレンスの様子を見て全く動じない
ホロと名乗る少女。
しかもロレンスが考えている事を当ててしまう。



お前が賢狼ホロだと言うのなら
それを証明して見せろ!

ぬしはわっちに狼の姿を見せろと?

そうだ!

それは嫌じゃ。

な・・・
なんでだ?

そっちこそなんでじゃ!?

お・・・
お前が人なら
俺は教会にお前をつき出す。
悪魔つきは災いの源だからな。

だがもしも
お前が本当に豊作の神ホロなら
考え直してもいい。
俺にも幸運や奇跡をもたらしてくれそうだからな。

どうしても見たいのかや?

あぁ。
見たい。

もう一度だけ聞くぞ。
ぬしはどうしても見たいのかや?

どうしてもだ。

どの化身であっても
代償無しに姿を変えるのは無理じゃ。
わっちの場合は生き血か・・・

あぁ!

それかわずかな麦か。

あぁ。
麦のほうで頼む。



ロレンスがホロの言う事を納得するためには
当然その証拠を見なければ・・・
まぁそれは当然の事でしょう。

しかしホロの言い分
代償無しでは姿が変えられない。
生き血と聞き驚いているロレンスだが
麦でも・・・と聞き少し安心したのでは?



ぅ・・・
ぅ・・・

お・・・おい。

ぅ・・・

どうした?

ぅ・・・

はぅ・・・ぁ・・・
ぁ!



一掴みの麦を口に含み食べ始めたホロ。
しかし苦しみだした様子に驚くロレンス。
その直後・・・ホロの姿は・・・

アニメでは何か急激な変化があったのはわかるのですが
まだ狼の姿は出てきません。

ロレンスの驚き様からおそらく狼の姿を見たのでしょう。
腰を抜かすのだが
気づけばホロの姿は無く・・・

ロレンスは村に戻り宿を借りる。




コンコン

ぁ?

誰だ?

ホロよ。

ホロ?

うわ!

ちっとも来ないから迎えに来ちゃった。

お前
穀物庫に居なくていいのか?

どうせ本物のホロなんて居ないんだから。
さ、行きましょ。

行くってどこへ?

おごるって約束でしょ?
前のとは違う匂いね。
ザウシュヴァッシュはまわってきたの?



部屋に着いたとたんにノックの音。
ホロの名を名乗るクロエ。
穀物庫にカンヌキをかけられ
閉じ込められたはずのクロエがなぜ?

カンヌキも儀式の一つで
ある時間になればはずされるのか?
それとも穀物庫に裏口でもあるのか?

しかしクロエの台詞から
ホロは既に伝説であり居ないと
おそらく多くの村人たちはそのように思っているのでしょう。



大きな商談には
厄介がついて回る。
そのために俺を雇おうって訳か?

あたしなりに尊敬しているからこそ
ロレンスと組みたいの。

ロレンスが教えてくれた事
ずっと胸に刻み続けてきたわ。
おかげでここまで来られたと思ってる。
ロレンスのおかげで・・・

危ないな。
危ない
危ない。

お前はまだ若い。
一か八かの取引にかかわるのは
もう少し場数を踏んでからのほうがいい。



クロエから明かされる商売の話。
しかしロレンスは危険を感じ拒否。
この時は何気なく通り過ぎてしまう一場面ですが
まさかこれが・・・
次につながるとは・・・



さっき一瞬上の空だったけど。
いい相棒でも出来たの?

いや。
ホロが相棒だったらどうかと思って・・・

ホロ?

ん・・・

わしのことか?

違うよ。
本物のホロの事だ。

呆れた。
そんな妄想にひたってたの?

妄想か・・・

妄想よ。

妄想ね。

妄想よ。

もし本当にホロが居たら・・・

また妄想?

切ない時もあるのかな?

そんな訳
無いじゃない。
だってホロは神様よ。

だよな。



クロエはロレンスが言うホロの話を妄想だという。
しかしロレンスは・・・
なぜならさっき見てしまったから。




居るわけ無いよな?

誰を探しておるのかや?

え?!
ホロ!

そこまで驚かんでも良かろう。

どこに隠れていたんだ?

わっちはこの時期
刈り取られた麦の中に居る。
いつもはそこから出られぬ。
人の目があるからの。
しかし例外がある。

例外?

もし最後に刈り取られた麦よりも
多くの麦が近くにあれば
わっちはそこへ移動できる。

まぁ・・・だから・・・
なんじゃ・・・
ぬしはわっちの恩人と言えば・・・
恩人じゃな。

あの時・・・
俺はお前の正体を見て
尋常じゃないほど驚いた。
だから消えたのか?

わっちはな
大昔この村の青年に頼まれたんじゃ。
この村の麦をよく実らせてくりゃれと。
じゃからそれからずっと守ってきた。

じゃが豊作を続ければ大地に無理がかかる。
時には実りを悪くせんとならん。
ところが村の連中は
わっちの気まぐれだなどと言いよる。

それもこの数年でどんどん酷くなってきた。
もう誰もわっちを必要としておらん。
必要とされておる時も
誰もがわっちの姿を見て恐れおののき
近づこうとはせなんだ。

わっちの望んだ事は
そんな事では無かったのに。

とりあえず今の話を受け入れたとして。

うたぐり深い男じゃの。

村を出てどこかに行くあてはあるのか?

北へ・・・
帰りたい。



宿へ帰りつい目で探してしまったロレンス。
居るはず無い・・・
と思ったのに、そこに居たのは本物のホロ。
そしてホロが語る自分の置かれた立場。

人ではない異形の神と言われるものだが
神と言うにはずっと人に近く
寂しさ、つらさが何となく感じられます。
私たち人とは違う姿、時間を持っていても
心は・・・何も変わりが無い。
私はそのように感じるのですが。




ガチャリ

ロレンス?



翌朝、穀物庫の扉が開けられ
クロエはロレンスが来たと思ったが
そこに現れたのは・・・
司祭様(?)
ロレンスは・・・と言えば既に旅立った後。




もういいから出て来い。

ぷはぁ。
この中で靴紐を結ぶのは
なかなかに難儀じゃった。
よっと。

そりゃぁそうだろ。
靴紐?
あ!
おい・・・
それ俺の・・・

うむ。
似合うかや?

俺が十年かけて集めた一張羅だぞ。

そのようじゃの。
仕立てもなかなかに良い。
ぬしよ。
商人としてまぁまぁじゃな。

今すぐそれを脱いでここから降りるか?

ぬしはそんな事はせぬ。

甘く見ると恐いぞ。

まぁよろしくの。
え〜っと・・・

ロレンス。
クラフト・ロレンスだ。

うむ。
ロレンス。
この先、未来永劫
ぬしの名はわっちが美談にして
語り継がせよう。

ったく。

語り継がなくていいから
自分の食い扶持ぐらいは自分で稼げよ。
楽な商売をしている訳じゃない。

わっちもただ飯を貰って
安穏としているほど愚かじゃありんせん。
わっちは賢狼ホロ。
誇り高き狼じゃ。
にしても・・・

ん?

少し狭いの。

お前な。

ま、寒さをしのぐにはちょうど良かろ。

はぁ。



荷馬車に隠してホロを連れ出すロレンスだが
ロレンスの一張羅を取られてしまい・・・
何を言ってもマイペースなホロ。
確かに生きている時間の長さを考えれば
ロレンスなど・・・
いいようにあしらわれるのが関の山。

二人の旅は始まったばかり。



【アニメ商品対象】狼と香辛料1 限定パック

狼と香辛料(1)


『狼と香辛料』その他の商品

posted by temari-cat at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 狼と香辛料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼と香辛料 1 3/3

狼と香辛料 1 3/3






今度こそロレンスに教えるのよ。



大きな商談には
厄介がついて回る。
そのために俺を雇おうって訳か?



ぁ・・・



あたしなりに尊敬しているからこそ
ロレンスと組みたいの。



ぁ・・・



ロレンスが教えてくれた事
ずっと胸に刻み続けてきたわ。
おかげでここまで来られたと思ってる。
ロレンスのおかげで・・・



危ないな。



ぁ・・・



危ない
危ない。



ぁ・・・



お前はまだ若い。
一か八かの取引にかかわるのは
もう少し場数を踏んでからのほうがいい。



つまんない!
せっかく一緒に儲けるチャンスだったのに。



今度もっと危なくない儲け話を持ってきてやるよ。
それなら一緒にやってもいい。



あたしだって
知らない間に成長してるのよ。



ぁ・・・いや・・・
商人としての読みはまだまだだ。



馬鹿にしていると
そのうち痛い目
見るわよ。



たまにはいいかもな。
そんな経験も。



女?



ん?



さっき一瞬上の空だったけど。
いい相棒でも出来たの?



いや。
ホロが相棒だったらどうかと思って・・・



ホロ?



ん・・・



わしのことか?



違うよ。
本物のホロの事だ。



呆れた。
そんな妄想にひたってたの?



妄想か・・・



妄想よ。



妄想ね。



妄想よ。



もし本当にホロが居たら・・・



また妄想?



切ない時もあるのかな?



そんな訳
無いじゃない。
だってホロは神様よ。



だよな。






ん・・・

居るわけ無いよな?



誰を探しておるのかや?



え?!
ホロ!



そこまで驚かんでも良かろう。



ん・・・
どこに隠れていたんだ?



わっちはこの時期
刈り取られた麦の中に居る。
いつもはそこから出られぬ。
人の目があるからの。
しかし例外がある。



例外?



もし最後に刈り取られた麦よりも
多くの麦が近くにあれば
わっちはそこへ移動できる。

まぁ・・・だから・・・
なんじゃ・・・
ぬしはわっちの恩人と言えば・・・
恩人じゃな。



あの時・・・
俺はお前の正体を見て
尋常じゃないほど驚いた。

だから消えたのか?



わっちはな
大昔この村の青年に頼まれたんじゃ。
この村の麦をよく実らせてくりゃれと。
じゃからそれからずっと守ってきた。

じゃが豊作を続ければ大地に無理がかかる。
時には実りを悪くせんとならん。
ところが村の連中は
わっちの気まぐれだなどと言いよる。

それもこの数年でどんどん酷くなってきた。
もう誰もわっちを必要としておらん。
必要とされておる時も
誰もがわっちの姿を見て恐れおののき
近づこうとはせなんだ。

わっちの望んだ事は
そんな事では無かったのに。



とりあえず今の話を受け入れたとして。



うたぐり深い男じゃの。



村を出てどこかに行くあてはあるのか?



北へ・・・
帰りたい。






ガチャリ



ロレンス?






もういいから出て来い。



ぷはぁ。

この中で靴紐を結ぶのは
なかなかに難儀じゃった。
よっと。



そりゃぁそうだろ。
靴紐?
あ!
おい・・・
それ俺の・・・



うむ。
似合うかや?



俺が十年かけて集めた一張羅だぞ。



そのようじゃの。
仕立てもなかなかに良い。
ぬしよ。
商人としてまぁまぁじゃな。



今すぐそれを脱いでここから降りるか?



ぬしはそんな事はせぬ。



甘く見ると恐いぞ。



まぁよろしくの。
え〜っと・・・



ロレンス。
クラフト・ロレンスだ。



うむ。
ロレンス。

この先、未来永劫
ぬしの名はわっちが美談にして
語り継がせよう。



ったく。



ぁ・・・



語り継がなくていいから
自分の食い扶持ぐらいは自分で稼げよ。
楽な商売をしている訳じゃない。



わっちもただ飯を貰って
安穏としているほど愚かじゃありんせん。
わっちは賢狼ホロ。
誇り高き狼じゃ。

にしても・・・



ん?



少し狭いの。



お前な。



ま、寒さをしのぐにはちょうど良かろ。



はぁ。



posted by temari-cat at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 狼と香辛料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼と香辛料 1 2/3

狼と香辛料 1 2/3






ん?

ん?!

ぅ・・・

ぁ!

嘘だろ?!

おい!
ちょっと・・・



ぅ・・・ぅ・・・



ゴクリ

起きろ!
人の荷馬車で何やってるんだ!



ん?



ぁ・・・



ぅ〜ん・・・



ん・・・
起きろって言ってるんだ!

な・・・!
み・・・耳?

あぁ・・・



ふぁ〜。
あぁ〜。



お・・・おい・・・
ぁ!



はぁ〜
ァオゥ〜ン!



ヒヒ〜ン



オゥ〜〜



ぁ・・・ぁ・・・



ふぅ。
良い月じゃの。



ぁ・・・ぁ・・・



ぬしよ。
酒など無いかや?



ぁ?
そ・・・そんな物は無い。
だいたい・・・



なんじゃ。
なら食べ物は・・・と・・・



ぁ・・・



おや?
勿体無い。



ぁ・・・



キィ



あぁぁぁ・・・



シャキン



お前
悪魔つきの類か?



恩知らずじゃな。
わっちに剣を向けるとは。



な・・・なんだと?



ん?

あ、そうか。



あぁ・・・



ぬしは村の人間じゃ無かったの。
ごめんよ。
忘れとったわ。



ぁ・・・ぁ・・・
ん・・・



わっちの名前はホロ。
しばらくぶりにこの姿をとったが
ぅん。
なかなか上手くいっとるのぉ。



ホロ?



うん。
良い名じゃろ?



奇遇だな。
俺はその名前で呼ばれているモノを知っている。



ほぉ?
わっちはわっち以外にホロと呼ばれる者を
知らなんだ。
そいつは何処の者かよ?



この周辺の村に代々伝わる神の名だけど
まさかお前
神だとでも言うのか?



ふ。
わっちは神と呼ばれて
長い事この土地に縛られてきたが
神なんてほど偉いものじゃありんせん。
わっちはホロ以外の何者でもない。

生まれてからずっと家の中に閉じ込められていた
頭のおかしい可愛そうな女だとでも?



え?!



思ってるんじゃろ?

わっちの生まれはずっと北の大地よ。



北?



うん。
夏は短く冬は長い。
生まれ故郷のヨイツの森。
何もかも
キラキラ光る銀色の世界よ。

ぬしは旅の行商人じゃろ?
連れてってくりゃれ?



な・・・
なんで俺が?



わっちの人を見る目は確かじゃ。
ぬしは人の頼みをむげに断るような
心の冷たいやつではなかろ?



寄るな!
俺はそんなお人よしじゃぁ!



優しくしてくりゃれ?



ぅぅ・・・



ぬし、可愛すぎじゃな。



な!



ハックシン。

はぁ。
この姿は嫌いでは無いが
寒すぎていかん。



む・・・
ホロ!



ん?



お前が賢狼ホロだと言うのなら
それを証明して見せろ!



ぬしはわっちに狼の姿を見せろと?



そうだ!



それは嫌じゃ。



な・・・
なんでだ?



そっちこそなんでじゃ!?



お・・・
お前が人なら
俺は教会にお前をつき出す。
悪魔つきは災いの源だからな。

だがもしも
お前が本当に豊作の神ホロなら
考え直してもいい。
俺にも幸運や奇跡をもたらしてくれそうだからな。



どうしても見たいのかや?



あぁ。
見たい。



もう一度だけ聞くぞ。
ぬしはどうしても見たいのかや?



どうしてもだ。



どの化身であっても
代償無しに姿を変えるのは無理じゃ。
わっちの場合は生き血か・・・



あぁ!



それかわずかな麦か。



あぁ。
麦のほうで頼む。



パサ
はむ。



ぁ・・・



ぅ・・・
ぅ・・・



お・・・おい。



ぅ・・・



どうした?



ぅ・・・



はぅ・・・ぁ・・・

ぁ!






すみません。
突然引き返してしまって。



いえいえ。
私は祭りのほうへ行きますが
どうぞごゆっくり。






コンコン



ぁ?



誰だ?



ホロよ。



ホロ?



うわ!



ちっとも来ないから迎えに来ちゃった。



お前
穀物庫に居なくていいのか?



どうせ本物のホロなんて居ないんだから。
さ、行きましょ。



行くってどこへ?



おごるって約束でしょ?
前のとは違う匂いね。
ザウシュヴァッシュはまわってきたの?



相変わらず鼻がいいな。



自然にしみつくのよ。
その土地ごとの生活の匂いが。



お前も顔つきが変わったな。
いろいろと自信に溢れている。



でしょ?
いろいろいい感じなの。
そのうちロレンスを追い抜いちゃうかもよ。



ほぉ。
その節はどうぞお引き立ての程を。



ひどい!
全然そう思って無いでしょ?



思ってるよ。

この酒美味い。



うぅん!



あ・・・あぁ・・・



ゴクゴクゴク



おいおい、こらこら。



信じてくれるならいい話があるんだけど。



え?!



うまくいけば自分のお店を持って
所帯だって持てるわ。



ふ。
そいつは凄いね。



真面目に聞いて!
ちょっと大きな商談があって
まとまれば大儲け出来るのよ。



ぁ・・・



ロレンス?



ぁ・・・
お前、どんどん父親に似てくるな。
お前の親父さんも
商談ではとにかく景気のいい人だった。



今度はそんなんじゃないの。



ぁ?



posted by temari-cat at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 狼と香辛料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼と香辛料 1 1/3

狼と香辛料 1 1/3


狼と一張羅






いつからかこの村では
豊かに実った麦の穂が風になびくのを
『狼が走る』と言うようになった。

風で倒れた麦穂は
『狼に踏まれた』
不作のときは
『狼に食われた』

はじめは何も無かった。
あったのはぬくもりだけ。

そして
約束が結ばれた。



出会いと別れが繰り返され
やがて人間は
人間の力だけで豊かを掴み取るようになった。
もう約束を
律儀に守る必要は無いのかもしれない。






いい加減、田舎道も飽きてきたな。
なぁ?



・・・



はぁ。






行商人?



半日ほどかけて東に行くと
山の中に小さな村があるんですよ。
そこへ塩を売りにいった帰りです。



はぁ。
全部塩か?



いいえ。
これは毛皮です。



うん・・・



ぁ・・・
あぁ、ただの麦束ですよ。
暑さにも寒さにも強いやつでしてね。

何事ですか?
いつになく物々しいご様子ですが。



実は西の村で異教徒の祭りが開かれるらしいのだ。



異教徒?



ぅん。
唯一絶対の神を信じない
まったくけしからん奴らだ。
教皇様も昔のように
もっとお力を振るわれれば良いと思うのだが
どうもままならないらしい。
おそらく異教徒が卑怯な手を使っているのだろう。






異教徒・・・か。
あのパスロエの連中がね。






やぁ、ロレンスさん。
いや、本当に驚いた。
新しいやり方でこれほど豊作になるとは。



伯爵様様だ。



狼は頼りにならなかったからなぁ。



おっと
悪口を言うと恐いぞ。
一応神様だ。



ははははは。



おぉ!
ロレンスさん!



どうも。
すっかりご無沙汰しまして。



いやいや。
いい時に来ましたねぇ。
明日から収穫祭ですよ。



明日から?
てっきりもう始まっているのかと思いましたよ。



ははははは。



実はここだけ一足先に。
どうです?



おいおい。
ロレンスさんを俺たちなんかと一緒にすんなよ。



こりゃまた失礼をば。



ははははは。



ところでクロエは何処にいるかわかりますか?



クロエ?



ぁ?



そうか。
そういう事か・・・。



いや商売上の後輩ですから。
たまには酒でもって事です。
取引もかねてね。



そりゃまずいなぁ。



え?



ここはあそこが収穫のどん尻ですから
祭りでホロになるのは
あいつかも?






ほらそこだ!
そこに狼が横たわっている!



最後に狼をつかむのは
誰だ?
誰だ?
誰だ?!



クロエ!



ぁ?



ロレンス!
来てたんだ!



余所見してるとホロが逃げるぞ!



ぇ?

ぁ・・・



最後の一束だ。



欲張りが麦を隠してないか?



よく確かめろ!
ホロが逃げるぞ!



狼を掴んだのは誰だ?
誰だ?



クロエだ!
クロエだ!
クロエだ!



はぁ・・・






ドサ
キィ



ぁ?



おぉ!!



ホォゥ!



狼ホロが現れた!



捕まえろ!



そっちへ行った!



ロレンスさん
捕まえてくれ!



ぁ?



え?!



久しぶりなんだから
今夜おごってね。



ぇ?



はぁ。
何が今夜おごって?だ。
一週間、その中だろ?






おかげさまで
新たな取引先も開拓できまして。



ぁ・・・
クロエ
頑張っているようですね。
村の値段交渉人として。



えぇ。
本当によくやってくれてます。
どんどん変わりますよ。
この村は。



ほぉ。
トレニー銀貨ですか。
この辺ではまず見かけなかったが。



ふふふ。
もう錆びて黒ずんだ
リュート銀貨とはおさらばですよ。



じきにパッツェあたりの大きな町とも
肩を並べそうですね。



いやぁ、まだまだ。
しかし何もかも新しいご領主様
エーレンドット伯爵様のおかげですわい。
もう狼に祈りを捧げる必要も無い。

人間様の力で
日照や嵐にも負けないようになって。
いまにトレニー銀貨どころか
リュミオーネ金貨で一杯にしたいもんですな。



その節はどうぞ
変わらぬご愛顧を。



ふふふ。






ん・・・

よそ者は邪魔にされるだけだしな。



ピシ



それにしても
リュミオーネ金貨でいっぱいは
言いすぎだろ。



さて。
寝るか。




posted by temari-cat at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 狼と香辛料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コードギアス反逆のルルーシュR2 後日談

コードギアス反逆のルルーシュR2 後日談



後日談



なぁ〜んだ。
全然変わってないじゃ。
アッシュフォード学園が再建されたって言うから
てっきり・・・



お爺ちゃんが変えたくないって言うから・・・



賛成!
やっぱ俺たちの学園は
こうじゃなきゃ。



仮校舎じゃ体育館も狭くて窮屈だったしね。



だからって
バスケットのゴールを無事壊さなくてもさ。



へぇ〜
カレン病弱設定やめたんだぁ。



えへへ。
はい。



設定?
なんだぁ?そりゃ。



ジノさん。
女の子の秘密を知りたがるなんて
良くありませんよ。



およ。



ニーナ
変わったよな。



そう?
男が変わらなさすぎなのよ。



あ・・・
そういう事言う。



だってそうでしょ?
この間のメールも。
いつまで貴族のつもり?



貴族だからじゃない。
あれは男としてだなぁ・・・






ふ。
相変わらずだな。
あいつら。



いらしてたんですか。



当時は教師役なんて気苦労ばかりと思っていたが
今となっては妙に懐かしいな。



どうですか?
復帰されては?



ファーストレディよりは性に合ってるかもしれないな。



うふ。
はい。
伝説の樹もちゃんと移植してありますし。



伝説?



ヴィレッタさんが扇首相に
告白を強要した場所です。
今では恋の実る樹として
伝説になっているんですよ。



な!
ぁ・・・
あれは・・・
私と要しか知らないはず・・・
まさか・・・



篠崎流ですから。






ナイトメアで決着をつけてもいいんだけど?!



いいねぇ。
決着がまだ・・・



シャラーップ!

ここではそういうの
無し、無し。
生徒会長命令です!



ぁ・・・
仕方ない。



生徒会長の魔法じゃぁな。



あのぉ〜
今の生徒会長は
俺なんすけど・・・



え?
そうなの?



まぁ・・・
消去法と言うか・・・



うっふふふ。
似合わねぇ。
ははははは。



そんな事ないと思いますよ。



ぁ!



リヴァルさんの生徒会
楽しそう。



ナナリー様!
それにゼロも!



お久しぶりです。
皆さん。



ナナリー!



おーっす!
元気にしてた?



いらっしゃい!



ぇ?
知り合い?
どうしてナナリー様と?



あたしたち
同じ生徒会のお友達だったんです。



ねぇ〜。



オレンジ卿に解除してもらったの。



オレンジ卿?
解除って?



詳しいことは言えないけど
とにかく元通りなのよ。
いろいろと。



はい。
でも・・・
元に戻らないものも・・・
あります。



ぁ・・・



そう・・・ね・・・



建物は戻っても・・・



変わらないものなんて・・・
無い・・・



パーン

パーン



ぇ?



花火?



パーン



陛下
全てあなたのご命令どおりです。




赤と青どっち?



アーニャ
良かったのか?
みんなの所に行かなくて。
ここの生徒だったんだろ?



うん。
記憶はちゃんと
私の中にあるから。
だから・・・
大丈夫。






花火なんて・・・
一体誰が?



ぁ・・・
約束・・・



え?



あいつ
約束したんだ。
またここで一緒に
花火を上げようって。



そう・・・



綺麗・・・



あぁ。
本当にな。



シャーリー
ロロ
あんた達にも見えるよね?



見えてるさ。
きっと。



私たちは今
光を見上げてる。



でもそれは
戦いの光じゃない。



ゼロ。



はい。

ルルーシュ
きみもどこからか見ているんだろ?
一緒に上げようって言ったのに
また嘘をついて。

でも
ナナリーが笑っている。
カレンも
みんなも。
これはきみがくれた明日そのものだ。
だから・・・



上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。