地球へ・・・ 21 1/2

地球へ・・・ 21 1/2


星屑の記憶。
シンネン ヲ モッテ ススメ!






ジョミー
きみは太く短い人間の生命力と
細く長く細やかなミュウの精神を
その両方を併せ持っている。

我々ミュウが母なるテラへ帰り着くのに
人間達と手をつなぐか
彼らと戦い勝ち取るのか。

我らを導きその答えを見出すのに
きみほど相応しい者は居ない。
信念を持って進め。
ジョミー。



ソルジャー。



ぅ・・・



ノアのパルテノンより通信です。
惑星ノアは無条件降伏を受け入れると。



そうか。
わかった。

(ブルー
あなたは生きている。
今も僕の中に。)






引き続き自由アルテメシア放送の
スエナ・ダールトンが
パルテノン前からお送りします。

ノアがミュウに無条件降伏してから
2日目の朝を迎えました。
パルテノンでは新たな惑星統治機関が
活動を始めており
市内は落ち着きを見せております。

ミュウは我々の自由を保障する条件として
マザー・システムの破壊と
成人検査の全面撤廃を要求しています。
暫定機関はこの条件を受け入れ
現在そのための作業が進んでいます。

本日正午にはテラズナンバーの爆破が予告されており・・・



ジジジジジ



ぇ?!
なに?!
あの煙・・・



ノアの管理コンピューター
テラズ・ナンバー1が爆破されたのよ。
これまでミュウに屈した惑星も
同じようにされてきた。
グランド・マザーから切り離すために。



そんなぁ・・・
それじゃぁこれから世界はどうなってしまうんでしょう?!



どうなるのか・・・
それは私達が
自分で考えて決める事だわ。



ぇ?



(そうなんでしょ?
ジョミー・・・)






敵艦隊の正確なワープ座標が判明しました。
やはり人類統合軍は
ソル太陽系に向かったようです。



テラに戦力を終結させて
守りを固めるつもりでしょうか?



それなら・・・
力づくで風穴開けてやるまでよ!



ニナ・・・



ニナの言うとおりだ。



ぇ?



この決戦を勝ち抜き
テラの喉元に僕らの意思を突きつける。

他の艦と座標データをリンクしてくれ。
キャプテン
準備が済み次第ワープする。
敵に時間を与えたくない。



わかりました!
ソルジャー。

キャプテンより総員に告ぐ。
我々はこれより敵艦隊を追撃。
長距離ワープに入る。

繰り返す。
我々はこれより最後の長距離ワープを緩行する。
総員ワープの準備!



老子
シャングリラの航法データとリンクしました。
うむ。



ワープドライブ
スタンバイ。
いよいよ決戦だ!
みんな気合を入れな!



キャプテン
全艦スタンバイ完了です!



うむ。
ソルジャー。



(ブルー・・・
あなたの想いと共に飛びます。
行きましょう・・・
テラへ!)

ワープ!






特殊強襲艦オリハルコンをはじめ
全艦艇戦闘配置を完了しております。



空間戦闘機の配備状況は?



順調です。
新型のワルキューレ・マーク3は
ASDシステムの搭載と
対サイオン訓練を受けた
メンバーズ・エリートの搭乗により
本決戦において
最も有力な航空戦力になると考えております。



ご苦労。
各自指示を待て。






み〜んな緊張しすぎだってぇの。
艦中ピリピリとんがった思念波でいっぱいだぜ。



タージオン!
また仲間の心を覗き見してるの?
ばれたらジョミーに怒られるわよ!



へぇへ。
ばれやしないさ。



ぅ・・・



そう言えばアルテラは?



ん・・・



またちょっかい出しに行ってるの?






サイオン・アンプと
バランサーのシンクロ率が上がんないなぁ。



どぉ?
トォニィ?
出力いってる?



あぁ・・・
でもこれじゃぁ足りないよ。



そっか。
もう少し調整が必要ね。



トォニィちゃん!



ぃ!
何すんだよ?



うっふふ。
少し休んだら?



コンディションを完璧にしておきたいんだ。
グランパの命令があったら
すぐに出なきゃいけないからな。



もう!
トォニィったら口を開けばジョミーの事ばっか。



悪いか?



たまにはあたしの事だって・・・



ん?
何だって?



べ〜つに。

ん・・・
飲む?



いいよ。
お前のだろ?



ベー



なんだい
あいつ?






う〜
いいなぁ・・・
あいつら青春してるんじゃ。

私だって若さを保って82年・・・
何がいけないの?
何が・・・






何だって?!
そいつは間違いねぇのか?!



ガチャ



あぁぁぁ・・・
姉さん!



何?
どうしたの?



お仲間からだ。
姉さんのお嬢ちゃんが
まずい事になってるらしい。



レティシアが?!






ごめんなさい。
パパ、ママ。
あたしのせいで・・・



あなたは何も悪くはないわ。
レティシア。
あなたは何もしていない!
そうでしょ?



でもあたしがミュウじゃなきゃ・・・



お前は私達の子供なんだよ。
レティシア。



パパ・・・



ジョミーの分まで
この子を守ろう。



えぇ。
あなた。






何たそがれてんだよ。
らしくねぇな。



ぁ・・・



泣いてんの?



そうよ。
悪い?



ぁ・・いや・・・
悪くはないけど・・・
どうしたんだよ?



何であたし達戦ってるの?



ぁ・・・



最初はみんなを助けたいだけだった。
なのに戦えば戦うほど
自分が化け物だと自覚する。
みんなから心が離れるばかりで・・・



アルテラ・・・



もしテラへたどり着いたら
勝利を手にしたらどうなるの?!
今度はあたし達が追われる番だわ!

戦いなんて大嫌い!
それをさせるジョミーも大っ嫌い!



ぅ・・・ぅ・・・



ジョミーは・・・
彼はナスカの責任を
思いの全てであがなおうとしてるんだ。
僕らのパパやママも救えなかった事。
多くの仲間を救えなかった事・・・
その全ての罪を
一人で背負ってテラを目指してる。

そこに何があるのかは
僕にはわからない。
でもそこは・・・
彼にとっての
約束の地なんだ。

泣かないで。
アルテラ。
僕らは望まれて生まれたミュウだ。
パパやママに。
そしてジョミーに。

僕らは生まれた時に
既に愛されていた。
他のミュウたちとは違うんだ!



ぁ・・・



だから守りたかった。



トォニィ・・・



感謝されたくてこうなった訳じゃない。



わかってる・・・
わかってるわ。



今はジョミーを信じよう。
いつも心で泣きながら戦っている
そんな彼の想いに偽りは無いと信じて。






リボーンの抗議など放っておけ。
どうせテラの再生をお題目に
自己保身に走り回るしか能の無い連中だ。



承知しました。
では警官セクションからの報告で・・・



少し待て。

スエナ・ダールトンか。
自由アルテメシア放送の取材なら断る。



キース!
お願い、聞いて!



ん?



レティシアを助けて欲しいの!



レティシア?



子供よ!
あたしの!
女の子なの。
ノアに行く途中サイオン検査にひっかかって
今は隔離されて両親と一緒に
強制収用所に入れられているわ。



収容所?
コルディッツにか?

(両親は昔ジョミー・マーキス・シンを担当していた。)



William Shin

Maria Shin

Letizia Shin



(これも天の配采か?)



お願いキース!
あの子はつかまるような事
何もしてないわ!



サイオン検査の結果に例外は認められん。
それにきみは
この子供と親子関係だったのは
ごく短期間の事だ。
気にかけることも無いと思うが。



それでもあたしの子供なの!
愛するのに時間や血縁なんか関係ないわ!



理解しがたい。
これ以上話しても時間の無駄だ。
失礼するよ。



待って!
キース!
切らないで!






総員!
戦闘配置!



全艦まもなくワープアウトします。



ワープアウト!






ワープアウト・サイン
方位075-81-27
距離120万加速レット。
レット043シータ。
敵艦隊です!



全艦攻撃開始!



攻撃開始!





posted by temari-cat at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球へ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球へ・・・ 20感想

地球へ・・・ 20感想



(よくやった。
さすが化け物だ。)

(所詮僕は化け物扱いか・・・)



マツカのすばやい動きで
キース暗殺計画は阻止されるが・・・
マツカはキースから化け物扱い。
彼の想いは・・・どこに?




では容疑者全員に対して
レベル10の心理探査を実施しろ。
テロリストは全て
潜在的ミュウとみなして対処する。

それでは精神崩壊の恐れがありますが。

何か問題があるか?
セルジュ?

いえ。
ありません!

グランド・マザーの導きに
意を唱える者は
この社会から取り除かなければならない。




グランド・マザーはコンピューターと知っているはずなのに
なぜそこまで忠実になれるのか?
それがこの社会の特異性なのでしょうけど
キースという男に疑問を感じます。



ひどい状況だな。
でもミュウは感染の恐れもあると言うし
レティシアの事を考えると
この選択しか無いが・・・



ミュウは感染する・・・
まるで得体の知れない伝染病扱い。
彼らはミュウのことをどれだけ知っているのだろうか?
しかもレティシアの両親は
ジョミーの養父母。




アンチ・サイオン・デバイス・スーツ。
装着者を超能力攻撃から防御する。
ミュウ撲滅のためによりすぐった
全軍きっての精鋭部隊用だ。

全軍きってのごろつきでしょ。

重要なのは
ためらわずミュウを殺せるかどうかだ。

僕が毒を盛ってるかもしれませんよ。

やる気があれば
私はとっくに死んでいる。

(いつも死に場所を求めているような
そんなあなただから・・・
僕は・・・)




何気ないマツカとキースの会話。
なぜキースはミュウを根絶やしにしようとするのか?
マザーの意思だから?

しかしその一方でマツカをミュウと知りつつ
自分の側近においている。
いつも死に場所を求めているようなキースだから
マツカは傍に居ようとするのか?
確かにキースに毒を・・・
やろうと思えばいつでも出来たはず。



私ミュウと一緒に暮らしても良かったんだよ。
みんなあたし達と同じだったもん!

馬鹿なことを言わないで頂戴!

ミュウは知らない間に
私達の心を盗み見たり
手も触れずに人を殺す怪物なのよ。
そんな奴らと一緒に暮らせるはず無いでしょ!

いいかい、レティシア。
見た目は同じでも
奴らはまったく人間とは違う生き物なんだよ。

そんなミュウと人間が一緒に暮らすなんて
まるで狼の群れに
ウサギを放り込むようなものじゃないか。
狼とウサギ?

あたしだってSD体制が全て正しいとは思っていないよ。
だけど今度ばかりは
ミュウの排除を唱える
キース・アニアンを支持するね。

ねぇ、パパ。
あたし達はウサギ?
それとも狼?



子供は知らない故に純粋。
狼とウサギ・・・
一体どちらがどちらなのだろうか?
そんなレティシアなのだが・・・




SD体制に依存した人類は
もうそれ無しでは生きてゆけなくなってしまった。
自分から檻の中で暮らす事を選んだ者達の
哀れなる末路だ。
それでも私はこの体制を守るしかない。
そのために生まれたのだから。



キースは使命だけでSD体制を守ってきたと
そう思える台詞。
しかしSD体制無くして生きていけなくなった
人類はどうなるのか?

SD体制は一つの象徴だが
管理された社会に慣れきった人間。
何かに管理されていないと不安・・・
という人ももしかしているのではないだろうか?
管理され、誰かに指図されないと動く事のできない人間が・・・



ぁ・・・
小鳥・・・
キース・・・
スエナ・・・
ジョミー!
みんな元気でちゅかぁ!

ぁ!
サム・・・

あげる。
みんな友達。



子供のまま時間が止まってしまったサム。
ジョミーの名前が出てはっとするキース。
しかしみんな友達というサム。
友達とは?
キースの中に何かが変わるのだろうか?



人類はもう
キース・アニアンに頼るしかない。



マザーに頼り
マザーの手足として動くキースに頼り・・・
その先には何が待っているのか?




ずっと不思議に思っていたんだが
ジルベスターで初めて会った時から
ずっとお前はコーヒーを入れるしか能が無い
へたれ野郎のままだ。
そんなお前を閣下はなぜ放り出さないんだ?



セルジュの言い分はもっともだが・・・
おそらくセルジュにはキース暗殺計画が失敗した
その理由はマツカがキースを突き飛ばし
弾丸を素手で受け止めた。
セルジュにはマツカの動きは見えなかったのでしょう。

何もせずにぼぉっと突っ立っていた
そのように見えたのだと思います。
まぁ人間業ではないですから。

でも、欲しいと思うときに
欲しいと思うおいしい飲み物を用意してくれる人
そんな人がいつも傍に居る。
これは最高の幸せかもしれません。




おいしくないですね。
これ。

むぅ・・・
飲んでしまえばみんな同じだろ。



価値観の違いとは・・・
所詮こんなものでしょう。



元老アドスだ。
同行を申し出られた。

失礼いたしました。
閣下。
乗艦はアニアン閣下お一人と伺っておりましたので。

名将の誉れ高き
元老アニアンの戦働き
是非この目で見たいとも思い
おねだりしたのだ。




艦に乗らずにノアに居れば・・・
アドスも余生を静かに過ごせたかもしれないのに・・・




ノアを離れることは
私が許さん。
ワープなど
艦隊の一隻たりともさせはせんぞ!
この裏切り者め!

ズキュン

民を裏切っているのは元老院。
お前たちのほうだろ?

不適格者は処分されるのだ。
アドス。



民の事など感知せず
権力の上の居座り
甘い汁だけを吸っている・・・
まぁいずこも同じですね。
キースの行動には納得できない部分も多いのですが
元老院に異を唱えるこの部分だけは賛成できます。




我々が守るべきものは何か?
パルテノン
決断力、ビジョンを持たぬ元老たちか?
首都と呼ばれる惑星か?
否!

断じて否だ!
我々が守るべき物とは
スペリオル・ドミネーション
すなわちグランド・マサーを頂点に頂く
この体制そのものである!

SD体制の護持なくして
人類の存在はありえない!

グランド・マザーの保護の下
全ての兵士は全力を尽くせば
勝利は必ず我らのものとなる!




兵士達の士気向上には必要な台詞だろうが
後のキースを見ると
どこまで本気でこれを考えていたのだろうか?
非常に謎に思います。




キュイーン

ぁ!

レティシア!

ご両親ですね?
娘さんからミュウ因子の陽性反応が
検出されましたので
隔離します。

おい、あの子
ミュウだってさ。

やだ気持ち悪い。
今まであたし達と一緒だったのよ。
うつるんじゃない?

おい!
もう一度言ってみろ!

パパ!
ママ!
いや、やめて!
助けて、ママ!

(ぁ・・・
ジョミー・・・)

やめて!
子供を放して!

離れてください。
奥さん!
このままではためになりませんよ!

いやよ!
絶対に放さないわ!
たとえこの子がミュウだったとしても
それが何だって言うの?!

ママ・・・

もうあんな思いはしたくないの!

マリア・・・
この子は私達の娘だ!
どこにもやるつもりは無い!




レティシアのママ、マリアは
ジョミーが検査を受けた時の事を
ずっと後悔していたのだと思う。
ジョミーがあの後どうなったのか?
レティシアの両親は知らされていたのだろうか?

しかもミュウと断定された男性は
レティシアたちの目の前で殺されている。
おそらくジョミーのことを
ずっと後悔しながら今まで生きてきたのでは?
そのようにも思えます。


地球へ… 7 完全生産限定版 CD付

地球へ…(2)

地球へ…(3)


『地球へ…』その他の商品
posted by temari-cat at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球へ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球へ・・・ 20 2/2

地球へ・・・ 20 2/2






ぁ・・・
小鳥・・・

キース・・・
スエナ・・・
ジョミー!
みんな元気でちゅかぁ!



ぁ!

サム・・・



あげる。
みんな友達。



友達か・・・






ご参集の元老諸君!
私は人類圏の総力を結集した連合艦隊をもって
ミュウ殲滅を宣言する!

アルテメシアの陥落以来
ミュウの反徒は拡大の一途をたどっている。
そこで私は新たな作戦計画を立案した。

このノアそのものを人類圏の絶対防衛線と位置づけ
総力戦により一気にミュウを殲滅するのだ。






元老たちは提案をのむと思うか?



ぁ・・・



マツカ。



セルジュ・・・

のむしかないでしょう。
そうでなければ閣下を元老に押した
意味がありません。
人類はもう
キース・アニアンに頼るしかない。



人類・・・か・・・
ずっと不思議に思っていたんだが
ジルベスターで初めて会った時から
ずっとお前はコーヒーを入れるしか能が無い
へたれ野郎のままだ。
そんなお前を閣下はなぜ放り出さないんだ?



閣下に聞いてください。
そんなの・・・



そんな事
聞けるか?



多分・・・



多分?



閣下はあなたが思っているような
人じゃないんです。
きっと・・・



何だ?
そりゃ。



おいしくないですね。
これ。



むぅ・・・
飲んでしまえばみんな同じだろ。



・・・






このノアを戦場にされるおつもりか?
それは無謀ではないか?



ノアは人類が初めて入植した惑星。
我らの祖先が心血を注いで切り開いた
由緒正しき地。

いかにアニアン殿と言えども
抱腹しかねる。



元老諸君!
お静かに。
ごらん頂きたい。

これがミュウの進路だ。
見てのとおり奴らは
何らかの理由でソル太陽系のテラを目指している。



テラ?



人類発祥の地。
ソル太陽系第3惑星、地球へ?



選ばれし者だけが降り立つ事を許されるという
約束の地。
禁断の惑星ではないか。

リボーンによれば
再生にはまだ相当の時間を要すると
聞いているが・・・



時が満ちるまでは人の手が触れては
ならぬはず。

ミュウはそこに向かっていると?



そうだ。
そしてテラへのワープ航路上に位置するのがここ。
人類圏の首都星ノア。
我々はここに網を張り
敵を迎え撃つ。



これだから軍人上がりは困るのだ。

元老アニアンは
ノアの重要性を正しく理解しておらぬ。
全くもって・・・



聞け!
パルテノンの元老達。



グランド・マザー!

まさかパルテノンに御自ら・・・



私は既にキース・アニアンの計画を承認した。



しかし・・・
それはあまりにも無謀な計画では?



私の言葉では不足か?
元老アドス。



いえ・・・
めっそうもございません。



ふ。






エース級一番艦
ゼウス。
この最新鋭超度級宇宙戦艦は
抱合海軍連合艦隊の旗艦として
まもなく対ミュウ殲滅作戦に赴きます。



(凄い数・・・
まさしく決戦前夜ね。)



かつてこれほどの艦艇が一つの惑星に
終結した事例はありません。
そして至上初めて
国家騎士団からパルテニオン入りした
若き元老キース・アニアンは
旗艦ゼウスに乗艦し
最前線から作戦を指揮します。






気をつけ!
パルテノン元老
アニアン閣下に敬礼!



ゼウスにようこそ。
アニアン閣下。
乗艦を心より歓迎いたします。



乗艦許可を願うよ。
副長。



ぁ・・・



元老アドスだ。
同行を申し出られた。



失礼いたしました。
閣下。
乗艦はアニアン閣下お一人と伺っておりましたので。



名将の誉れ高き
元老アニアンの戦働き
是非この目で見たいとも思い
おねだりしたのだ。






久しぶりだな。
マードック大佐。



ジルベスター以来です。
閣下。



ゼウスはどうだ?



素晴らしい艦です。
軍人ならば誰でも一度は指揮したいと願う事
間違いありません。



ご無沙汰しております。



相変わらずそこに居るということは
お前も何とか使い物になっているという事か。



ぅ・・・
(変わらない人ですね。)



監視艦隊より入電。
3光年先でミュウ艦隊
ワープ・インを確認。



来るぞ。
ノアに。



全艦に通達。
連合艦隊は予定通り
ワープ航法に入る。



は!
全艦に通達します。



ほぉ。
で、どこで敵を向かえ撃つのかね?



ソル太陽系です。



ソル?
それはどういう冗談かな?
艦長。



我々はソル太陽系に布陣し
テラに向かうミュウを待ち受けるのです。
閣下。



何を言っておる?
ノアはどうする?
誰が守るのだ?!



ノアの防衛は
当艦の任務ではありません。
閣下。



馬鹿な!
そんな話があるか!
誰が指図したと?
ぁ・・・
アニアン!
まさか貴様・・・



ミュウを殲滅すると言ったが
ノアを守ると言った覚えは無い。



ノアを離れることは
私が許さん。
ワープなど
艦隊の一隻たりともさせはせんぞ!
この裏切り者め!



ズキュン



民を裏切っているのは元老院。



ぁ・・・



お前たちのほうだろ?



ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・
あぁ・・・



不適格者は処分されるのだ。
アドス。






兵士諸君!
我々は首都星ノアを捨てた。
しかし何ら臆することはない。
これは全て予定された作戦の一部である。

戦時非常体験にのっとり
私は元時点をもって
人類圏国家首席に就任する。

首席として私がなすべきことはただ一つ。
ミュウの殲滅である!
我々が守るべきものは何か?
パルテノン
決断力、ビジョンを持たぬ元老たちか?
首都と呼ばれる惑星か?
否!

断じて否だ!
我々が守るべき物とは
スペリオル・ドミネーション
すなわちグランド・マサーを頂点に頂く
この体制そのものである!

SD体制の護持なくして
人類の存在はありえない!

グランド・マザーの保護の下
全ての兵士は全力を尽くせば
勝利は必ず我らのものとなる!

ミュウを倒せ!
人類の生存権を守るのだ!
兵士諸君!
諸君の命を
このキース・アニアンに預けたまえ!

人類の為に!
テラの為に!



人類の為に!
テラの為に!

人類の為に!
テラの為に!






惑星アルテメシアからの移住希望者に通達する。
入国審査は第2ゲートで行う。
くり返す。
惑星アルテメシアからの移住希望者に通達する。
入国審査は第2ゲートで行う。



キュイーン
キュイーン



やめろ!
僕はミュウなんかじゃ無い!

見てろ・・・
放せ!

うわぁぁぁ!



ドン



あぁ・・・



サイオン波だ!



やはりミュウか?



寄るな!



撃て!



ダダダダダダ



見ちゃだめ!



ぁ・・・



この入国審査は
人類圏へミュウが侵入することを・・・



俺達もここで汚染されてたのかよ・・・

殺さなくてもいいだろうに・・・

私達感染してないわよね?



人類圏へミュウが侵入することを
未然に防止するためのものである。
人類諸君の強力に感謝する。



キュイーン



ぁ!



レティシア!



ご両親ですね?
娘さんからミュウ因子の陽性反応が
検出されましたので
隔離します。



そんな!



おい、あの子
ミュウだってさ。

やだ気持ち悪い。
今まであたし達と一緒だったのよ。
うつるんじゃない?



おい!
もう一度言ってみろ!



パパ!
ママ!
いや、やめて!
助けて、ママ!



(ぁ・・・
ジョミー・・・)



やめて!
子供を放して!



離れてください。
奥さん!
このままではためになりませんよ!



いやよ!
絶対に放さないわ!
たとえこの子がミュウだったとしても
それが何だって言うの?!



ママ・・・



もうあんな思いはしたくないの!



マリア・・・

この子は私達の娘だ!
どこにもやるつもりは無い!



パパ・・・



大丈夫よ。
レティシア。
ママとパパが絶対
あなたの事を守るから!
絶対・・・




posted by temari-cat at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球へ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球へ・・・ 20 1/2

地球へ・・・ 20 1/2


決戦前夜。
ミチ ハ ヒラカレタ。






ノア第1宇宙港官制部から
本線へアプローチ中の船舶にお知らせします。
現在再突入コースは
国家騎士団が占有しています。
各船舶は騎士団専用シャトルの降下が完了するまで
待機願います。



ゴフィリの暴動鎮圧から
帰ってきたんだわ。






(何か不穏な思念を感じます。
気をつけて。キース。)



ぁ!







うわぁぁぁ!!!



ズキュン



大佐・・・



貴様!



ズキュン
ズキュン
ズキュン



ぅ・・・

ぐは・・・



ドサ



・・・



大佐・・・

何をやっている!
マツカ!
救護班を!



ぁ・・・



不要だ。

諸君!
私は健在だ。



おぉ!

大佐!



(よくやった。
さすが化け物だ。)



(所詮僕は化け物扱いか・・・)






放送が軌道に乗れば
国家騎士団がかぎまわりはじめるでしょう。
くれぐれも周囲には気をつけて。
スエナ。



あなた方も。
同士のみんなにも伝えてください。



キィ
ガチャン



ぁ・・・



ん・・・



キィ



やばい橋
渡ってんじゃねぇのか?
姉さん。



ありがとう。
ロメロ。



うぅぅ・・・
自由アルテメシア放送か。



何者にも縛られない報道よ。
立ち上げにはそれなりのリスクも
覚悟しなければならないわ。
さぁ
おかわり頂戴。



今をときめく国家騎士団の総司令。
姉さんの昔なじみも
たいそうなご出世だ。






ジュレでの狙撃。
アプリネーレでの爆破。
アニアンを狙った計画は
ことごとく阻止されました。






スタージョン大尉。
配置完了しました。



よし。
行くぞ。






不死身のキース。
幾多の戦場で培ったあだ名のとおりだな。



諸君
関心してもらっては困る。
このまま奴の求心力が高まれば
パルテノンは弱体化する一方だ。
出る杭は今のうちに打たねばならん。



だから大佐を殺そうとした訳ですか?



おぉ・・・



誰だ?



国家騎士団?



皆さん
そのままで。
国家騎士団総司令
キース・アニアン上級大佐
暗殺未遂容疑で拘束します。



な・・・

おぉ・・・






不当逮捕だ!
断固として抗議する!
これはパルテノンに対する侮辱だ!
元老を拘束して無事で済むと思うなよ!



ウォンは粘っているようだな。



さすがにジャンたちも手を焼いています。



では容疑者全員に対して
レベル10の心理探査を実施しろ。
テロリストは全て
潜在的ミュウとみなして対処する。



それでは精神崩壊の恐れがありますが。



何か問題があるか?
セルジュ?



いえ。
ありません!



グランド・マザーの導きに
意を唱える者は
この社会から取り除かなければならない。



は!






まるで奴隷船よね。
全財産を処分して運賃を支払ったのに。
早くノアに着かないかしら?



船に乗れただけましだぜ。
中には冬眠カプセルに入れられて
宇宙に放り出された連中も居るらしい。



ひどい状況だな。
でもミュウは感染の恐れもあると言うし
レティシアの事を考えると
この選択しか無いが・・・



食事
貰ってきたぞ!
ご飯にしよう。



え?
やったぁ!






アニアン大佐
ASDスーツの演習リフォームです。
ご覧ください。



ドン



ミュウ確認!
構え!



撃て!



ズキュン
ズキュン
ズキュン



ご覧のとおりASDスーツは
ミュウのサイオン攻撃の影響を
全く受けておりません。

A企画からはまだ若干の問題があると
報告を受けておりますが。



かまわん。
ASD部隊を軍および保安部に
配備せよ。



シャー



マツカ入ります。
一息つかれてはいかがですか?



アンチ・サイオン・デバイス・スーツ。
装着者を超能力攻撃から防御する。
ミュウ撲滅のためによりすぐった
全軍きっての精鋭部隊用だ。



全軍きってのごろつきでしょ。



重要なのは
ためらわずミュウを殺せるかどうかだ。



僕が毒を盛ってるかもしれませんよ。



やる気があれば
私はとっくに死んでいる。



(いつも死に場所を求めているような
そんなあなただから・・・
僕は・・・)






ママ
残しちゃだめよ。



ぁ・・・



ちゃんと食べて元気出して。



ママね
お腹すいてないのよ。
あなたとパパで食べて。



(そんなはず無いよ。
ずっと食べてないじゃない。
ママ・・・)



私ミュウと一緒に暮らしても良かったんだよ。
みんなあたし達と同じだったもん!



馬鹿なことを言わないで頂戴!



ミュウは知らない間に
私達の心を盗み見たり
手も触れずに人を殺す怪物なのよ。
そんな奴らと一緒に暮らせるはず無いでしょ!



でも・・・



いいかい、レティシア。
見た目は同じでも
奴らはまったく人間とは違う生き物なんだよ。

そんなミュウと人間が一緒に暮らすなんて
まるで狼の群れに
ウサギを放り込むようなものじゃないか。



狼とウサギ?



あたしだってSD体制が全て正しいとは思っていないよ。
だけど今度ばかりは
ミュウの排除を唱える
キース・アニアンを支持するね。



ねぇ、パパ。
あたし達はウサギ?
それとも狼?



ぁ・・・






サム・ヒューストンさんの病状ですが
急激に衰弱が進んでいます。
手は尽くしているんですが・・・



ここから動かすのは難しいですか?



医者として責任は負いかねます。






ぁ?



やぁ。
サム。



ぁ!
赤のおじちゃん!



いい子にしてたか?
サム。






うわぁぁぁぁぁ!!!
ごめんなさい。
ごめんなさい。
みんな私が悪うございました!
ぁ・・・
脳が溶ける・・・
ぁ・・・



元老のウォンもおしまいだな。






パルテノンは私に元老となるよう
要請してきた。
腑抜けた老人達も
ようやく強力な指導者の必要性に
気づいたわけだ。



すごいや!
光がキラキラしながら飛び散っていくよ!



SD体制に依存した人類は
もうそれ無しでは生きてゆけなくなってしまった。
自分から檻の中で暮らす事を選んだ者達の
哀れなる末路だ。
それでも私はこの体制を守るしかない。
そのために生まれたのだから。



そうだねぇ。
いつもいつもパパは勉強しろってうるさいんだ。
やんなっちゃうよ。



サムはいつまでも
子供のままなんだな。


うん。
ママのオムレツはおいしいよ!




posted by temari-cat at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球へ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球へ・・・ 19感想

地球へ・・・ 19感想



償いね・・・

一体
何をどう償うんだ?

トォニィ・・・

メンバーズの男と通じ合い
奴を逃がし僕のママを・・・
そしてナスカの多くの仲間を殺した罪を
どう償えると言うんだ?



確かにフィシスにも落ち度はある。
しかし
いくら幼かったとはいえ
トォニィにも責任はあった。
年齢的に責任が取れるかどうかは別として
トォニィが勝手にキースを殺そうとしなければ
施設を破壊しなければあの船内での事故は防げた。

まぁ得てして自分の落ち度は棚にあげ
という人が多いですが
トォニィにフィシスを責める資格は無いと思うのです。




あんたからはあのメンバーズと
同じ匂いがする。




まぁ生まれが同じだから仕方ない・・・
そう言うしか無いのでしょう。



あのままずぅっと浮かんでいるのかな?



警報も解除されたし
結局害は無いって事じゃないか?

危険ならユニバーサルがとっくに何とかしてるわよ。

シェルターに入れとか
大げさだったよな。




アルテメシア陥落。
前回のラストではそのように言われているが
市民達には何も知らされていないようで・・・

コミックス版では
ジョミーがアルテメシアの真実を知ったように
アルテメシアの真実を他の人間達も知る事になるのですが
アニメではユニバーサル陥落といいつつも
いつもと同じ日常が続いています。




本当は連絡を取ることも禁止なんだけどね
今の養父母がいい人たちで
こっそり手紙をくれたりして
お母さんの友達ってことで
あたしの事も子供に話してくれたり・・・

それでいいのか?

良くはないけど
複雑なのよ。
あなたにはわからないでしょうけど。

そうだな。
じゃぁ。

あぁ・・・
待って。
会っていかない?
本当にいい人たちなの。
子供思いだし・・・

昔の・・・
昔育てた子供の事も
とても大事に思っていて・・・

あぁ・・・
あの子
クジラの宇宙船に夢中なんですって。
あなたがあれに乗ってるって聞いたらきっと・・・

今はそんな事にかかわっている暇は無い。




スエナはアニメのみのキャラなので
コミックス版にそれらしい記述は無いのですが
スエナの別れた子供の養父母は
ジョミーの養父母。

多分スエナは両方にびっくりさせようと
考えたのでは?
とも思えます。

しかしきっぱり拒絶するジョミー。
おそらくジョミーは自分の養父母が
スエナの子供の養父母になっているに気づいたのでしょう。
公園のあの程度の距離でミュウの長であるジョミーならば。




ありがとう。
スエナ・・・

あの人間の事
考えてる?




たった一言の言葉にならない
ジョミーの思い。
これでジョミーはそこに居るのが
自分の養父母と気づいていた。

かかわっている暇が無い

この言葉には文字通りに
時間が無い
も当てはまると思うのですが
ジョミーの立場。

ミュウの長
そしてこの社会における
ミュウの立場。

ジョミーとかかわる人間が
当局に知られたら・・・
スエナやレティシア一家にも危険が及ぶ。
そう考えたのでは?
と思います。




テラズ・ナンバー5の所へ行くんだね?
だったら僕も一緒に・・・

残れと言っている!
言ったはずだ。
ここは僕が生まれた場所だ。

ジョミー・・・

ここから全てが始まった。




アニメ版では一緒に居るのは
トォニィとリオ。
しかしコミックス版では
トォニィは連れて行かずに
リオとハーレイになっています。




ソルジャー
テラの座標が判明しました。




ジョミーはテラズ・ナンバー5を破壊する事により
キースは自分が生まれた
E-1077を破壊する事により
過去との決別をする。

マザー・イライザはE-1077を破壊する事に対して
やめてと懇願するが
全く動じないキース・・・





任務
完了しました。

ご苦労だった。
あの実験ももはや不要だ。

は。

見たのだな。
全てを。

はい。

心に乱れが見られないのは
さすがだ。

アルテメシアが陥落しましたが。

これでミュウ殲滅計画は
その第2段階へと移行できる。
指揮を取るのだ。
キース・アニアン。

イエス
グランド・マザー。




しかしキースの行動の全てが
グランド・マザーの意思であり
命令だったとは・・・

ここまでコンピューターに全てを任せてしまった人間・・・
コンピューターに・・・
というのは喩えだと思うが
自ら考えて行動する事をやめてしまった
人間も最近では多いのではないだろうか?

しかも国の舵取りをしなければいけない立場の人にも・・・
最近はそのようについ考えてしまったりします。



地球へ… 7 完全生産限定版 CD付

地球へ…(2)

地球へ…(3)


『地球へ…』その他の商品
posted by temari-cat at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球へ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。