Angel Beats! 2 1/2

Angel Beats! 2 1/2


My Song





教員棟



校長室



なぜ新曲がバラード?



いけない?



陽動にはね。



そのぉ〜
陽動ってのは何だ?



トルネードのとき
聞いてなかったの?
彼女は校内でロックバンドを組んでいて
一般生徒の人気を勝ち得ている。

あたし達は彼らに直接危害を加えないけど
時には利用したり
妨げになる時はその場から
排除しなければならない。
そういう時彼女たちが陽動するの。



NPCのくせにミーハーな奴らだな。



つまり彼女たちのバンドには
それだけの実力と魅力があるって事だ。



へぇ〜。



で、だめなの?



う〜ん。
バラードはちょっとね。
しんみり聞き入っちゃったら
あたしたちが派手に立ち振る舞えないじゃない。



そう。
じゃぁボツね。



ふ〜ん。



それじゃ気を取り直して
総員に通達する。



音無君。



ん?



カーテン閉めて。



今回のオペレーションは
天使エリア侵入作戦のリベンジを行う。
決行は3日後。



ほぉ!



その作戦ですか。
ですが前回は・・・



(ストップ)
今回は彼が作戦に同行する。



よろしく。



椅子の後ろから?



眼鏡かぶり。



ゆりっぺ。
何の冗談だ?
そんな青瓢箪が使い物になるのかよ?



まぁまぁ
そう言わないでくれる?



はぁ。
なら試してやろう!



お前友達居ないだろう?



ふん。
3.14159265358979323846・・・



あぁぁぁぁ!!
やめろ!
やめてくれ!



まさか!
円周率だと?!



眼鏡かぶり。



やめてあげて!
その人は阿呆なんだ。



そう
あたしたちの弱点は
アホな事。



天使エリア進入作戦



リーダーが言うなよ・・・



前回の進入作戦では
我々の頭脳の至らなさを露呈してしまった。
かつ
今回は天才ハッカーの名を欲しいままにした彼
ハンドルネーム竹山君を
作戦チームに登用。
エリアの調査を綿密に行う。



今のは本名なのでは?



僕のことは
クライストとお呼びください。



ははは。



みろよ。
かっこいいハンドルが台無しだ。



さすがゆりっぺだねぇ。



で天使エリアってのは?



天使の住処だ。



天使の住処?

(ど・・・
どんな所に住んでいるんだろう?

待て
そんな所にハッカーが必要なのか?)



中枢はコンピューターで制御されてんだよ。



え?!
機械じかけか?!



そのどこかに神に通じる手段があるの。



こいつはとんでもない作戦だ!



2度目という事もある。
天使も前以上に警戒しているはずよ。
ガルデモにはいっちょ
派手にやってもらわないとね。



了解。



Catch up some luck



カチャ

パタン

コツコツコツ






第二連絡橋下



パン

パン



よし。
いい調子だ。

ぁ?
なんか溶け込みまくっていねぇか?
俺。

まぁでも最初の印象ほど
悪いやつらじゃねぇよな。
あいつら。



パン

パン






ガチャン



ぁ?






学習棟B棟 掲示板



Girls
Dead
Monstar



これが例の派手な陽動ってやつか。



あぁ!



あぁ・・・
ごめん。
驚かせたか?



あぁ・・・
あなたでしたか。



ぇ?
俺のこと知ってるの?



はい!
いつもでかい斧持ってる先輩が
奴は災厄をもたらすから
注意しろ・・・
とか何とか言ってました。



(あの野郎が・・・)

でもこれ
体育館占拠って大丈夫なのか?



そりゃヤバイですよ。
前代未聞ですよ。
しかもゲリラライブじゃなく
告知ライブですしね。

先生たちも放っておかないし
どんな邪魔が入るかわからないですよ。
でも今回の作戦は
そうしてでも人を集める必要があると聞きました。



Girls Dead Monstarねぇ。
ところで、え〜っと・・・



ユイです!
まだ陽動班の下っ端ですが
でも
それでも満足です!
だってガルデモのお手伝いですよ!
知ってますか?



あぁ・・・



すごいんですよ。
Girls Dead Monstar
略してガルデモは!

女の子だけであの演奏力!
そして何と言っても
ヴォーカル&ギターの岩沢さんの存在が!
作詞作曲までしちゃうんです!
私のお気に入りは
Crow Song!

サビの転調が思い切りがよくていいんですよ!
歌詞もですね
まさに岩沢さんのことを!

後はですね、盛り上がるのは
Alchemy Alchemyは・・・
まだ終わっていません!
Alchemyは・・・



こんな所で油売ってる暇あるのか?
その大好きなガルデモのために
シャキシャキ働けよ!



あ!
そうでした。
ではこれで!



はぁ・・・
ふぅ。






ガチャン



ぁ?






学習棟A棟 空き教室



おっと。

悪い。
すぐ張りなおす。
じゃぁ休憩。

ぁ?






すげぇ熱だった。
確かに一般生徒が熱狂的になるのも
うなづくよ。
思わず聞き入った。



ありがとう。

あんた
記憶が無いんだってね。



まぁな。



そりゃ幸せだ。



あんたの記憶も・・・その・・・



誰かの記憶
聞いた?



あぁ。
ゆりの。



ゆりのか。
あれは最悪ね。
あたしのはそこまでひどくない。



そこまで?



たいした話じゃないってば。
好きな歌が歌えなかった。
それだけ。

両親はいつも喧嘩ばかりしていた。
自分の部屋もなく
その怒鳴り声の中
隅で小さく丸まって耳をふさいだ。
自分の殻に閉じこもるしか無かった。
どこにも休まる場所は無かった。

そんな時出会ったのが
SAD MACHINEというバンド。
そのヴォーカルも私と同じ
恵まれない家庭環境に居て
精神的につらい時期は耳をイヤホンで蓋して
音楽の世界に逃げ込んだと聞いた。

私もそうしてみた。
全てが吹き飛んでいくようだった。
ヴォーカルが私の代わりに叫んでくれる。
訴えてくれる。

常識ぶってるやつこそが間違っていて
泣いているやつこそが正しいんだと。
孤独なあたしたちこそが
人間らしいんだと。

理不尽だと叫んで
たたきつけて
破壊してくれた。



ぁ!



私を救い出してくれた。



こいつと出会ったのは
雨のゴミ捨て場。
私は歌い始めた。

何も無いと思っていた私の人生にも
歌があったんだ。



本気かい?
きみの成績ならどこにだって・・・



もう両親には頼りたくないんで・・・



バイトをしてお金を貯め
レコード会社のオーディションを受け続ける日々。
卒業と同時に
私は絶対あの家を出て
上京して
そして音楽で生きていくんだ。
そう思った。



パリン



あれ・・・?
疲れてるのかな・・・?
こんなんじゃギター弾けない。
今夜の路上は中止して・・・
休も・・・か・・・



ドサ



次に目覚めた時
私は言葉を話せなかった。
頭部打撲
脳梗塞による失語症。

原因は両親の喧嘩によるとばっちりだった。



ガチャン



運命をのろった。

どこにも逃げ出せなかった。
そのまま
あたしの人生は
ここで終わった。



ガラガラ



岩沢。



あぁ
ひさ子
OK。



待ちくたびれてるよ。



記憶なしお。



あぁ・・・



やるよ。



ぁ・・・

(さっきの・・・
あれは人生の理不尽をのろった目だ。
彼女にも陰惨な人生がある。
誰もミジンコになることを
恐れているわけじゃない。

ここに居る連中は
全員が
神に抗おうとしているんだ。
理不尽な人生を受け入れることに
抗おうとしているんだ。)





タグ:Angel Beats!
posted by temari-cat at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angel Beats! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217789051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。