イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 



浅羽は榎本から最終決戦は3日後と知らされ、家に帰ってくる。

そして布団の中で時計を抱えている浅羽。

深夜0時を過ぎた時、戦争は終わったとニュースで報道される。



榎本が言うには

人間同士の小競り合い的な戦争と

エイリアンとの戦争の両方だという。



おそらく、ニュースで知らされた終わった戦争というのは

地球上での人間同士の戦争のことを言ったのだろう。


浅羽のお母さんの言葉

なんか呪いのビデオみたいですね。



私はこの言葉が印象的でした。



そして、浅羽は登校する。

おそらく、大幅に遅刻して・・・と推測されるのですが。



教室の扉を開けると既に先生は話をしている。

そこへ浅羽が

不肖、浅羽直之 戻ってまいりました。


この台詞。


現代の中高生にこの台詞が言えるだろうか?


どう見ても、第2次大戦中の特攻兵がお国のために死ねと言われたが

運命のいたずらで戻ってきて、身の置き場のなさをイメージする私です。



浅羽君、きみの経験はあなたを成長させるのに役に立ったよ。


そう言いたくなる私です。



しかし、自衛軍からの要請で浅羽は再び出かける。

おそらく、イリヤの事だとわかりながらも

これからが最終決戦とは夢にも思わずに。



そして椎名先生からの手紙。



手紙の内容で今まで不明確だった部分が明らかになるのですが

ひと夏の思い出としてはあまりにも重い物だと思います。



多くのアニメを見ていて


最初からこのアニメは作り話で・・・

絶対に現実的には(現在の科学では)無理だろうと思うものが多いのですが


この作品だけは本当に作り話かどうか・・・


わかってはいても、もしかして本当に???


などと思う事がある私です。



そして、戦争の描写についても


基地のある町で突然の墜落、爆破事故。


そして戦争発生。


私がイメージする戦争とは随分違う作品でした。



自分たちは報道管制の元にほとんど状況を知らされずに

戦争で危険と言われながらも普通に生活をしている。



しかし、私たちの知らない場所では

戦争の準備がされ、戦争勃発。



浅羽のクラスメートたちは(多くの人たちは)

戦争というが、物価が上がり、身動きが不自由になり

でも、何も変わらずに生活している。

おそらく戦争という実感をどれだけ持っているだろうか?



その一方でイリヤのように身体をはって戦っている人も居る。

誰も知らない所で・・・




まさにこれが現実なのでは?

そう思ってしまう私です。



現在の状況を見た時

石油が値上がりし、それに付随して多くの物が値上げ。

価格据え置きと言っても中身が少ないのだから値上げと同じ。

先日まで店頭からバターが消え

中国経済の発達で物の流れが変わってきたためだと説明されている。



しかし、もし私たちの知らない場所で戦いが行われ

それが全く報道されず

そこに多くの資源が投入されていたら・・・



浅羽が戦争は終わったはず・・・

と言った時の榎本の言葉。

だれがそう言ったのか?



浅羽はテレビのニュースで知るわけだが

そのニュースが作られた物だとしたら・・・



榎本が言いたかった(作者が言いたかった)のは

ニュースに惑わされずに自分の目で現実の本質を見ろと

そのように感じる私です。











★イリヤの空、UFOの夏★その他の商品



posted by temari-cat at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | イリヤの空、UFOの夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 4/4

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 4/4






学校では6月から休んでいた
保健の黒部先生が復帰し
故障の多かった公衆電話が三台とも新しくなった。

そして、晶穂は・・・



あたしにも知る権利があるでしょ!






基地が縮小されると園原も
さびしくなりますね。



ただいま。



あ、お帰り。






浅羽直之様。

恥ずかしい話ですが
私は手紙という物を書いた経験が
ほとんどありません。

だけど、この手紙だけは
どうしても書かなくては
本当の事を書いておかなければと
思ったのです。

だから、封筒にも署名はしません。
なぜなら、私の本当の名前は
椎名真由美では無いからです。

私がロズウェル計画への参加を命じられたのは
去年の初めの事です。
その時点でのブラックマンタのパイロットは
伊里野加奈とエリカ・プラウドフットの二人しか
生き残っておらず
その二人の戦闘意欲の低下が深刻な問題になっていました。

彼女らをぎりぎりの所で戦いにつなぎとめていたのは
仲間を守るという一点だけだったようです。

その唯一の理由がついに失われてしまったのは
去年の8月の事でした。

エリカのブラックマンタの哨戒任務からの帰還途中
突如として暴走を始めたのです。

そして、加速し続けるエリカを止める事を出来るのは
一緒に出撃していた伊里野しか居ませんでした。

撃墜命令を受けた伊里野は
どんどん加速していくエリカを追いかけて
地球を4周もしていました。

その間の交信記録は残っていないし
残っていたとしても
私にはそれを聞く勇気はありません。

その後、伊里野は一種の自閉状態に陥り
一応回復を見たものの
大きな後遺症が残りました。

一つは記憶の欠落です。
伊里野の頭の中には
自分はあの日、出撃していなかったという
ストーリーが既に出来上がっていました。

もう一つは
伊里野がエリカの幽霊を目撃するようになったことです。

私たちにとって最優先の課題は
伊里野のモチベーションの回復でした。

伊里野に守るべき物を与えること。
それが私たちの仕事でした。

しかし、8月31日。
伊里野加奈は園原基地を脱走。
園原中学のプールで
あなたと遭遇しました。



おそーい。



それからの伊里野については
あなたのほうが詳しいかもしれません。



ちょっと、大丈夫?



私たちの活動は事情を知っているスタッフの間では
子犬作戦と呼ばれていました。
子犬とはもちろん、あなたの事です。
あなたを含めたこの世界全体の事です。



ねぇ、浅羽。



なに?



この前はごめん。
せっかく伊里野と仲良くなれたのに
いきなり居なくなっちゃって
浅羽が全部一人で抱え込んでいる風だから
ずるいって言うか・・・
寂しいって言うか・・・



あのさ・・・



いい、ほんと。
浅羽が話す気になってからで。
待つから、うん。






榎本を恨んでいますか?

けれど、今にして思えば
ただ一人、彼だけが
伊里野に子犬を与える事の正しさを
最後まで信じていたのではないでしょうか?

今なら私にも榎本の気持ちがわかります。
もちろん、全ては伊里野を最後の決戦に
出撃させるためでした。
それを否定するつもりはありません。






部長も遅い!



一体どこで何をしていたんですか?



何を怒っているんだ?
そんなに。



だって何時間待ったと思ってるんですか!






しかし、だからと言って
ブラックマンタのパイロットとして
生きてきた伊里野加奈は
最後の最後になって
その目で見、その耳で聞き
その肌で感じた物が
それを与えた動機の罪深さによって偽者になるとは
どうしても思えないのです。






ねぇ、部長。



何かね、浅羽特派員。
僕、考えたんですけど
ミステリーサークルの図案は・・・



ミステリーサークルの図案?
とは、何かね?



え?



今日はジョーク企画でミステリーサークル
作るんでしょ?

さよなら米軍、さよならフーファイター。
園原基地を見下ろすミステリーサークルの謎って
部長が言いだしっぺじゃないですか?



ミステリーサークル?
フーファイター?
遅れてるー!



僕はやりますよ。
一人でも。



やるとは?
ミステリーサークルを作るという意味かね?



はい。



一人でも、かね?



はい。



どうしてもかね?



はい。



好きにしたまえ。



はい。






浅羽が居るから。
加奈ちゃんにとっては
それで十分だったのだと信じています。






そして、僕は夏を終わらせる。


posted by temari-cat at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | イリヤの空、UFOの夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 3/4

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 3/4





伊里野!

伊里野!
伊里野!

伊里野・・・
ねぇ、伊里野。

わかる?
僕は誰?



浅羽。



伊里野。



浅羽がどうして?

どうして・・・
どうして今まで戻ってきてくれなかったの?

どうして・・・
あたしを置いて行っちゃったの?
あたしの事なんかもう嫌いになったの?

嫌いに・・・なったから・・・
嫌いになったから・・・すてて・・・
行っちゃったの?

夜、真っ暗で・・・
本当に真っ暗で・・・怖かった。
怖かったのに・・・
戻ってきてくれると思ったのに・・・
ずーっと、ずーっと待ってたのに・・・

暗くて・・・怖くて・・・
浅羽は、もう私のこと・・・
嫌いになっちゃったと・・・思って・・・

怖くて・・・つらくて・・・
どんどん真っ暗になって・・・
真っ暗・・・



ねぇ、伊里野。
ひどい事 言ってごめん。
本気じゃなかったんだ。

伊里野に何もしてやれない事が
悔しくて、自分に腹が立って
どうしょうもなくなって・・・
あんな事、言っちゃったんだ。

だけど・・・本当は・・・



かかって来い!
僕が説得すると思ってたんなら
おあいにく様だ!

伊里野には出撃なんかさせないからな!



あさ・・・ば・・・



伊里野は絶対に死なせない!
伊里野が生きるためなら
人類でも何でも滅べばいいんだ!

伊里野。
僕は伊里野のことが好きだ。
ずっと伊里野のことが好きだった。

毎日、毎日
伊里野のことばかり考えていた。
伊里野が学校に来ない日は
伊里野の居ない机ばかり見ていた。

伊里野が学校に来た日は
それだけで幸せだった。
初めて夜のプールであった日からずっと・・・
今日まで、ずっと・・・
僕は伊里野のことが好きだった。

これからもずっと好きだ。

浅羽直之は、伊里野加奈のことが大好きだ!



やっと、わかった。
浅羽のこと。
だから、もういい。
大丈夫。平気。



伊里野?



私も他の人なんか知らない。
みんな死んじゃっても知らない。
私も浅羽だけ守る。
私も浅羽のためだけに戦って
浅羽のためだけに死ぬ。

私も・・・浅羽だけでいい。



伊里野!



最後の背中の一押し、ご苦労。
いやぁ〜、俺もこんなにうまくいくとは
思っていなかった。
おまえ、世界中から勲章もらえるぞ。

ま、途中はいろいろあれだったけどな
おまえは最後の最後に素晴らしい仕事をしたよ。
ありがとう・・・
そして、さようなら。
浅羽直之君。



ったくよぉ・・・
最後までしまらねぇ野郎だな。
てめぇは。

世界を滅ぼすんじゃなかったのかよ?



俺は・・・
俺は最後におまえに殺されるんなら・・・
それで良かったんだよ・・・






そして・・・
部長が帰ってきた。



思いだせん・・・
何も思い出せんぞ!



posted by temari-cat at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | イリヤの空、UFOの夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 2/4

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 2/4





直之?
起きてるか?



何?



戦争が、終わったぞ。






まもなく自衛軍による記者会見が始まります。



繰り返します。



ついに停戦合意。



先ほど政府官房長官は停戦に合意したと・・・



徹底討論!
今次大戦の意義を問う!



そんな事だから・・・
そんな事だから・・・



各地から映像が届いています。



呪いのビデオみたいですねぇ。



明日から普通の授業になっちゃうのかなぁ?
眠い・・・あたしもう寝る。



あぁ、おやすみ。



一つ一つに的確な対処を行い
ついに反動勢力の拠点制圧に成功。
最小限の犠牲による
秩序の回復を勝ち取る事が出来ました。



最小限の犠牲・・・






校内徐行。






よって、本日より通常授業となるわけだが・・・



先生!



不肖、浅羽直之
恥ずかしながら戻ってまいりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。



浅羽・・・

あんまり親に心配かけるな。



はい。



ところで、浅羽
なんでおまえだけ夏服なんだ?






浅羽?
おまえ、家出してたって本当か?
須藤が電話かけてきてな
すっげぇ心配してたぞ。



家出じゃないって。
学校暇になったし
無銭旅行見たいな事をしてたんだ。



な、浅羽。



何?



おまえさ、伊里野にふられたんだろ?



お・・・泣くなよ。
お、俺が悪かったって・・・
浅羽・・・
おい!



あ、2年4組の浅羽直之君
その、なんだ・・・
今、電話が入っているわけだ。
自衛軍のヘリコプターから。

お!
なんだ、あんたら・・・
なんだ?一体?おい・・・
やめなさい!



陸上自衛軍情報戦四課の萩山だ。
2年4組出席番号1番の浅羽直之君。
緊急事態につき
きみの協力が是非とも必要になった。
今、迎えがそちらに行く。



浅羽・・・



行ってくる。






浅羽!
絶対帰って来いよ!



早く乗って!
時間が無いの!



は、はい。



先坂絵里です!
はじめまして・・・かなぁ?
学園祭の時、病気とか怪我とかした?



はぁ?



空飛ぶの初めて?



あ、そうです。



なら、無理してでも眠っちゃったほうが絶対楽だよ。
睡眠薬あるから。



そんなに遠くまで行くんですか?



到着予定時刻は最低でも6時間後。
目的地はまだ内緒。



そこに・・・



え?



その目的地に・・・
伊里野が居るんですか?



たぶん。






あれが・・・



空母、タイコンデロガ。



すまんな。
遠い所をわざわざ。



大変だったみたいだね。



なぁに、これからの大変に比べたら
今までの大変なんざ、軽いもんよ。






あの・・・



伊里野が出撃を拒否した。



え?



この土壇場になって
もう、戦うのは嫌だと言い出した。
俺たちじゃぁ、もう手がつけられん。
最悪、自殺の可能性もある。



だって・・・
どうして?
もう、戦争は終わったんでしょ?



誰に聞いた?
そんな話。



だって、テレビで・・・

ぁ。

伊里野は?
伊里野はどこに居るんですか?



だから今、案内している。
もうすぐだ。



え?



伊里野、浅羽が来たぞ。
なぁ、つまらん事はやめて
俺とおまえと浅羽の三人だけで
話をしないか?

正直、身の安全は保障できん。
ベストは尽くすが
完全に向こうへ行っちまったら
もし、万が一のことがあっても
守ってやれんと思う。

posted by temari-cat at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | イリヤの空、UFOの夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 1/4

イリヤの空、UFOの夏6(最終話) 1/4





ミサエ、帰ったぞ。



直ちゃん、すぐにお風呂沸くから
まずその服 脱ぎなさい。



おう、早くしないと風邪をひくぞ。
こっちのお嬢さんはわしが座敷に運んでおくから。



早く着替えてこっち来なさい。
お茶出してあるから。
もう、いきなり電話してくるから
もう、びっくりしたわよ。



あ!



よう、遅かったな。






ねぇ、お母さん。



ん?



明日ってなんかあったっけ?



え?登校日じゃないの?



お兄ちゃんかな?
あ、お腹すいたの?校長。



母さん、直之は?



相変わらずですよ。
帰ってきてからほとんど部屋にこもりっきり。
お父さん、直之と話してくれました?



え?
あぁ、もう三日か。






三日後だ。






あぁ?何だ?それ。



グリーンラーメンだよ。
クロレラ入りなんだ。



この世界は驚異に満ちてるなぁ。



あとね、これ食べると
次の日うんこが緑色になる。



うまい・・・のか?



普通にうまいよ。



ん、普通にうまいな。



うん。



伊里野は今どこに?



家の前に止めてあるバンの中でくたばってるよ。
あいつ、今日までよく生きていたなぁ。



うわぁ・・・
だったら どうしてもっと早く?!



ほんとの所を教えてやるよ。

俺な、おまえらの事を
真面目に探すつもりなんかなかったんだ。



どういう意味ですか?



言葉通りの意味さ。
伊里野が残された時間を
おまえと二人きりで過ごせて
その挙句に人類が滅亡するんなら
それもいいかと思ったんだよ。

けど、おまえは爺ちゃんに電話をかけてきた。
こりゃ、もう降参って事だろうと思ってさ。

だから迎えに来たんだ。



違う!
誰が降参なんかするか!
ちょっとだけ休んで、お金を借りて
それから・・・



なんだよ、おまえ?
だったらラーメンなんか食ってる場合じゃないだろ?

榎本だ。
これからパピーがそっちへ行くぞ。
目的はアリスの奪還。
全員その場で待機。
絶対にパピーに手を出すな。
アリスに対する処置は全て中止だ。



あ、ちょっと・・・



ほら、早く行け。
30分やる。
30分経ったら今度は本気でおまえを追う。



榎本だ。
さっきの指示を撤回する。



はぁ?
しかし、こちらはさっきの指示通り・・・



冗談だよ。



知りたいです。



ん?



本当の・・・事を・・・



なぁ、どうしておまえら
いつも そうなんだ?

たとえばだ。

地球はUFOの侵略を受けていて
伊里野はそれに対抗できる戦闘機の
唯一のパイロットで
もう、目と鼻の先に迫っている
最後の戦いに敗北したら人類は滅亡する。

俺がそう言ったらおまえはそれを信じるのか?

それとも・・・
こんなのはどうだ?

ここだけの話だがな
伊里野が戦っているのはごく当たり前の
人間同士の戦争なんだ。

そもそもの火種はひょんなことから発明された
重力制御機関さ。
そいつを駆動するにはある種のESPが必要で
神経系に特別な処理を施した
子供にしか制御できないんだ。

UFO云々の戯言は
ガキどもを納得させるための方便なんだよ。
自分たちは人間を殺しているわけじゃない。
自分たちの敵は地球を侵略しに来た
エイリアンなんだってな。

言ってみればゲームみたいなもんだ。
撃墜されたら本当に死ぬゲーム。

伊里野はそう信じて
自分と同じような敵のパイロットを
もう何十人も撃墜して
敵国の民間人を何十万人も殺してる。

俺がそう言ったら、おまえはそれを信じるのか?



信じるよ。



なぜ?
なんで、おまえはそう言いきれる?



僕は・・・
あなたの事が嫌いじゃないから。



両方だ。



え?



大筋から言うとエイリアン。
だが、馬鹿な人間たちが
この期に及んで内輪もめしてたのも事実だ。



どうして?



パイロットはもう伊里野しか生き残っていない。
最後の戦いで伊里野が負けたら・・・
俺たちは滅ぶ。

早く食わねぇと冷めちまうぞ。



最後の戦いっていつなんですか?



三日後だ。



三日後・・・



大丈夫だよ。
おまえは何も心配する事は無い。
地獄には俺が行く。

posted by temari-cat at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | イリヤの空、UFOの夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。