小説版 灼眼のシャナXV(15巻)

小説版 灼眼のシャナXV(15巻)



かなり消化不良の状態で終わった14巻。

悠二は?

シャナは?

吉田一美は?



ところが、15巻は全く違った場面から話が始まり・・・



教授は

サーレとしいたけが嫌いらしい。


しいたけ、はともかく

サーレって・・・?

何?

誰?



だったのが、教授が強制的に作った唯一成功した

フレイムヘイズ。



サーレは教授の事を親父殿と呼び・・・


一瞬、え?だった私です。


そして、悠二が来るのをずっと待つ二人。


シャナは痺れを切らして吉田一美の所へ行けば・・・


やはり悠二を待っている一美。



翌日、封が切られた二つの封筒が二人の下へそれぞれ届けられる。




じらされて、じらされて・・・


そして待ちぼうけの二人と戻ってきた封筒。


またもや消化不良で終わった15巻です。



私はまとめて購入したのですが

発売順から言えば14巻が出て15巻が出て

SIIがでて・・・


発売順に読んだ方はさぞかし待ち遠しい事だったかと。


一美がヒラルダを使う日は来るのか?

いつ使うのだろうか?



とりあえず、まだまだ先の話になりそうですが・・・



作者は、人がフレイムヘイズまたはともがら(従)になった時

人としての存在を失いぐぜ(紅世)の命をうける。

これを書きたくてXV(15巻)を書いたのかな?

そう思った私です。

シャナの場合、番外と思えるのだが

番外に出てくる新しいキャラクターはその後重要な位置に居るんですよね。

思わず

ヴィルヘルミナや、アラストールのように

むぅ。

と、うなりたくなってしまいます。


灼眼のシャナXIV(14巻)


★灼眼のシャナ★その他の商品


posted by temari-cat at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 灼眼のシャナ小説版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説版 灼眼のシャナXIV(14巻)

小説版 灼眼のシャナXIV(14巻)



悠二はサブラクとの戦いのあと

ポケットに鍵が入っているのに気づく。


そして鍵からは自在法の発動。




忽然と消える。(なにが???)




そしてバルマスケ(仮装舞踏会)では

ベルペオルが・・・


お望みが儘に・・・祭礼の蛇、坂井悠二・・・





これを読んだ時には驚きましたね!

息子が14巻は非常に消化不良な場所で終わると言っていたのですが

非常に納得です。



待っているシャナと吉田さんはどうなるの?

佐藤はアウトロー(外界宿)を自分の生きる場所と決め

動き出したようだけど・・・



悠二がバルマスケ(仮装舞踏会)にいると言うのは

悠二の意思?

それとも操られて?




次の巻が非常に待ち遠しかったです。



灼眼のシャナXIV(14巻)


★灼眼のシャナ★その他の商品

posted by temari-cat at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 灼眼のシャナ小説版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。