ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 感想・原作比較

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 感想・原作比較


とうとう終わっちゃいましたね。

テレビでリアルタイムで見ていたときは

え?!終わっちゃうの?!本当に?!


って感じでした。



原作版ではまだ名前も出てきていなかったのに

フェイワン・リード(飛王)とシンフォ(星火)

そして封印をされている謎の少年が誰なのか?


改めて見直してみると

この最終回、冒頭で

さくらと小狼がガラスを隔てて・・・

さくらの眼には涙が・・・


このシーンは全ての物語のはじめにもあったのですが・・・


これが一体何を意味するのか?

今になって、あぁ!

とわかる場面が多数。



次は東京編・・・

と思ったのですが

ラジオドラマと、劇場版もやりたいし・・・

これは、東京編が終わってからだと

小狼もファイも変わっているだろうから・・・

発売時間は少々前後してしまいますがこの後に予定しています。


侑子さんや四月一日のほうも気になりますが

劇場版の後で・・・と予定しています。


ツバサ・クロニクル 第2シリーズ7 最終巻

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 全7巻セット [DVD]【送料無料】 


★ツバサ、その他の商品★

posted by temari-cat at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツバサ・クロニクル 第2期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 3/3

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 3/3






どういう事です?



ん・・・



カオスの正体が
姫の羽根だと言うんですか?



そうなの。



いつそうなったのか?
今となってはわからない。






たくさんの
さくらちゃんの羽根が
いつの間にか意思を持った。
それが
カオスだったんだね。



姫の記憶だから
姫を求めていたという訳か。



ぁ・・・



小狼よ。



ん・・・



おまえは本当に強い。
その強さがあれば
きっとさくらの羽根を
全て取り戻す事が出来るだろう。



ん・・・



小狼。
待っているぞ。



はい。



ぁ・・・



さくら。
ありがとう。



ぁ・・・



うわぁ!
すごい!



なんて数だ!



あれだけじゃないの。
さくらの羽根は
もっと、も〜っと
たくさんあるの!



何だと?!
おいおい
俺たちの旅って終わんのかよ?



終わらせたいの?



ぁ?



オレはまだまだ旅を続けたいけどね。



モコナも!



へっ。
冗談じゃねぇ。



姫。
いつか必ず
全ての羽根を取り戻してみせます。



うん。



ぁ!



ぁ!






兄さまのわからずや!



わからずやは
どっちだ?



さくら姫
聞き分けの無い事をおっしゃっては
なりませんよ。



そんな・・・
雪兎さんまで。
私はただ旅に出たかっただけなのに。

ん・・・



それが無茶だと言っているのです。



おまえは玖楼国の姫だぞ。
共も連れずに一人でよその国へ旅に出るなんて
許されるはずが無いだろ?



一人じゃなきゃいいんでしょ?
ん・・・

私と一緒に旅をしようよ!

ねぇ、お願い!






私と・・・
旅を・・・






あがったわね。
雨。






彼らの旅路は果てしなく続く。
こちらもまだ打つ手はある。



うふふ。






次の世界に到着!



さぁて
今度はどんな所かな?



ぼけっとしてねぇで
さっさと行こうぜ。



行こう!
小狼くん!



はい。
さくら姫。



あ!
ちょっと待って!



みんな!
みんな!
みんな〜!
本当にありがとうね!









ぷぅ!

と言うわけで
ツバサ・クロニクルはThe ENDなの!



応援ありがとうございました。



旅は続きますが
皆さんとは今日でお別れです。



おめぇらも
前だけ見つけて達者で暮らせ。



まぁ、無理せず逃げちゃうのも手だけどね。



最後はやっぱりこの台詞なの!
さんはい!



モコナもどきも
どっきどき!
はぁ〜ぷぅ!



posted by temari-cat at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツバサ・クロニクル 第2期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 2/3

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 2/3







てめぇらは!



オレたちの邪魔をする気?






彼らは封じたわ。



うむ。
こちらも時が満ちた。
ふむ。
動くぞ!






ぅ!



どうしたの?
小狼!

ぁ!

小狼!



あぁぁぁ!






ぁ?



姫。
私を助けてくれ。



ぇ?



このままでは
私は多くの人々を傷つけてしまう。
姫にとって大切な者たちも・・・



ぁ・・・



だが、もう自分ではどうする事も出来ない。
姫と共に居たいという思いが
私自身を飲み込んでしまった。



でも、私に何が出来るの?



出来る!
なぜなら、私とあなたは
一心同体なのだから。



ぁ・・・



それはあなたの・・・
本当の姿?






命はその根源たる物を求める。
たとえそれが
神に等しき力を持つ存在であっても・・・

その思いは
いかなる不可能を可能にするほど・・・
強い。






さくらちゃん?



どうなってんだ?






い?!






おれは一体?



よかった。
小狼、気がついた!

ぁ・・・

さくら姫!



小狼くん。



さくら!
助かったんだね!



でも、どうして姫がここに?



カオスが力を貸してくれたの。



ぇ?!



小狼くん
お願い。
あの人を助けてあげて。



助ける?



だって
カオスは・・・

ぁ!



クワァ!



ぁ・・・






ぁ・・・



ぁ?

ちょっと待て!



ん?






はぁ、はぁ、はぁ、はぁ

ぁ!



やっぱりてめぇらか。



あなたは!



ちょうど良かった!



誰?



この国一番の刀鍛治だ。
小僧の刀の修理を頼んだんだ。



あの二人と約束をした。
こいつをあんたに届けるとな。



確かにお渡ししましたよ。



おう。



ん。






ふ!



クワァ!



姫。
おれを信じてください。



はい。



は!



うわぁ!



小狼くん!



逃げてばかりでは
いつかやられる!
何とか反撃しないと!



小狼くん!



ぁ!



てめぇの刀だ!
受け取れ!



いよっ!
小狼!



はぁっ!



小僧!



小狼くん!



はぁっ!



はぁっ!



ぁ・・・



ん・・・



私の負けだ。
小狼・・・






さくら・・・



ん・・・



ぁ・・・



ぇ!



ん・・・



この人は・・・
カオスは・・・
私なの・・・



posted by temari-cat at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツバサ・クロニクル 第2期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 1/3

ツバサ・クロニクル 第2期26(52)テレビ版最終会 1/3


明日へのツバサ。






彼らは旅を続けなければならない。
そして
そのたびを裏で操るのは・・・
ふ。
この私だ!






クワァ。



は!



んかぁ・・・



うわぁ・・・



うわ!



このままじゃやられちまうぜ。



って言われても
あんな大きな奴とどうやって戦ったらいいの?



小狼・・・



ん。
姫。






ここは・・・
どこ?

ぁ・・・






う!



こいつは・・・



は!



オレたちは眼中に無いの?



狙いは小僧だけってか!



ん!
街が・・・






おまえだけでも逃げろ!



でも・・・



いいから・・・
早く。

ぁ!



探したぞ!



あんたたちは・・・



例の物をお持ちしました。



それは・・・






クワァ!



クワァ!



自分の城を壊してる。



どういうつもりだ?



カオスは小狼を倒すためなら
何でもやる気なの。



ぅ・・・



だけどね
とっても寂しい・・・
って気持ちなの。



ぁ・・・



クァ!



お願いがあります。



ぁ?



姫を助けに行って貰えませんか?



小狼くん
まさか・・・



囮になる気か?



ん。



駄目だよ!
危なすぎだよ!
そんな事したら
小狼、死んじゃうよ!



大丈夫だよ。
モコナ。
おれは決して死んだりしない。



小狼・・・



ん。



小狼くん
直々のご指名なら
行かない手は無いでしょ?
ねぇ、黒さま?



へ。
めんどくせぇが仕方が無いな。



ありがとうございます。



ふ!



ふぅ。
ついてきちゃった。



モコナ!



モコナも小狼と一緒に戦うの!



ぁ・・・






カオスに加担しろと言うのですか?



その通りだ。



なぜです?
彼はこちらにとって
想定外の存在。



確かにそうだ。
だが奴は使える。

現に奴の力をたどる事で
見失っていた彼らを発見する事が出来た。

こちらが一手加えれば
かつてのように彼らの旅を裏から操作する事も
可能になるだろう。



さくら姫はともかく
あの三人はどうするつもりです?



ふん。
奴らなら必ず姫の後を追うはず。



フェイワン(飛王)・リード。
あなたの狙いは最初から・・・



ふ〜ん。
そうだ!

魔女の介入によって失われた
彼らの旅を操る力を
再びこの手に取り戻すのだ!






フェイワン・リード。
懲りない人ね。





ふ!

うわぁ!



黒剛さん
ファイさん
お願いします。






う!



は!



何だと?!



posted by temari-cat at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツバサ・クロニクル 第2期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバサ・クロニクル 第2期25(51)感想・原作比較

ツバサ・クロニクル 第2期25(51)感想・原作比較



最終回にむけてアニメ独自の話が続きますが

いい感じに盛り上がってきていると思います。


小狼はさくらを迎えに行く事を決心する。

黒剛は自分の刀を小狼に貸し特訓をする。


ファイとモコナはさくらのところへ偵察に行く。

カオスはさくらに別の羽根を渡す。


羽根の記憶を見てさくらは疑問に感じる。


目が覚めたとき、ファイとモコナがさくらの傍に居るのだが

モコナが羽根はよく似た別物と知らせる。



さくらはカオスに偽の羽根で自分を騙すのは卑怯だと言う。



なんか思っていた通りだったなという感じなのですが・・・



カオスは小狼に勝負する・・・

その事を伝えるようにファイとモコナに言う。



さくらから小狼への伝言は

無理をしないで。




勝負のとき

さくらは小狼に声をかけるのだが

カオスはさくらに黙っているように言う。


しかし、さくらは出来ないと拒否をする。


その結果、さくらはカオスに心まで凍らされてしまう。


そしてカオスは鳥の姿に変化する。



なんかカオスに対しては

とうとう正体を現したなって感じなのですが

凍らされたさくらは一体どうなってしまうのか?



次回がテレビ版最終回となるのですが

目が離せない展開です。


ツバサ・クロニクル 第2シリーズ7 最終巻

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 全7巻セット [DVD]【送料無料】 


★ツバサ、その他の商品★

posted by temari-cat at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツバサ・クロニクル 第2期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。