Angel Beats! 2感想

Angel Beats! 2感想



何言ってんのよ。
空から降下じゃないわ。
ここから地下に降下よ。

うわなんだぁ。
地下かぁ・・・
って地下?!

あたしたちはギルドと呼んでいる。
地下の奥深くよ。
そこでは仲間たちが武器を作ってるの。




この台詞を聞いたとき
学校のさらに下へ行くにはどこから?
と思ったのですが
最初にイメージしたのは
地下教室の階段を下って階段下の倉庫の奥に・・・
なんて思ってしまいました。

が・・・
体育館の舞台下
奈落の下だったとは・・・




まさかこんな所で
待ち構えている意味がわかんないよな。

野田君はシチュエーションを重要視するみたいだよ。

意味不明ね。

別に認められたくも無い。

貴様
今回は千回しなねぇと・・・



本日のオペレーションはギルド降下作戦・・・
って聞いていなかったはずなのに
そこで待ち伏せの野田君。
しかし・・・
最初にトラップにて昇天・・・
結果トラップの再起動を証明(?)




天使を追うか?

トラップが解除されてねぇ中をかよ?

天使はそのトラップで何とかなるだろ?
戻ろうぜ。

トラップはあくまでも一時的な足止めにすぎないの。




既に死んでいるから死ぬことが無い。
どんな状況になろうとも
一時的に気絶でしかない。
時間がたてば復活。
つまりそれなりの時間がたてば
天使も行動を開始する。
音無君は立て続けに自分の身をもって知ったはずなのに
まだ理解できていない様子。



ぅ・・・
重すぎて持たない・・・

俺と音無も落ちるか?

ちょっと待って!
勝手に決めるな!




ゆりの下に日向君と音無君・・・
ってゆりの怪力どれだけ?!
と思ってしまう。

でも死後の世界って事は
私たちの身近で考えるなら
夢の中?
ならイメージでいくらでも可能って事なのか?
大丈夫、出来ると信じれば現実になる世界とも考えられる。




ついに4人になっちゃったわね。

よくもまぁ
新入りのてめぇが生き残ったもんだな。

まぁな。

次はてめぇの番だぜ。



って・・・
そう言ったやつが水攻めで・・・
意外にこんなものなのかもしれません。




ぁ?
何であんなもんが?

あれは!

あぁぁぁぁ!!!
子犬が流されている!

えぇぇ?!

椎名さん
駄目!




対天使用トラップと言われているけど・・・
これだけはターゲット椎名さんでしょ?
なんて思ってしまいます。
まさに

あさはかなり。



残ったのはあなただけね。

そうみたいだな。

ぁ・・・

本当の軍隊なら
みんな死んで全滅じゃない。
ひどいリーダーね。



ゆりの生前の記憶を聞いてわかるのだが
ゆりは自分だけ生き残る事に
罪悪感を感じているのでは?




ゆりはどうして死んだんだ?

馬鹿ね!
自殺なんかじゃ無いわよ!
自殺した人間が抗うわけ無いじゃない!
それにこの世界に自殺した人間は居ないわ!
さ、行きましょ。
あなたは私が守るわ!



私もこれが気になるのですが・・・
テレビ放映中では語られませんでした。




ギルド最深部

ゆりっぺだ!

来た!

無事だった!

こいつらがここで武器つくってんか?



初めてこの光景を見て思ったのは
ここは産業革命時代のヨーロッパか?
と思ってしまいました。




大切なのは場所や道具じゃない。
記憶よ。
あなたたち
それを忘れたの?!

ぁ・・・
いや・・・

どういう事だ?
ゆり。

この世界では命あるものは生まれない。
けど形だけのものは生み出せる。
それを構成する仕組みと
作り出す方法さえ知っていれば
本来何も必要無いのよ。
土くれからだって生み出せるわ。



という事は・・・
私たち一般的な日本人は大砲の作り方なんて知らない。
でも・・・
精密模型とかでそれを作ったことがある
作り方を知っているのであれば
作ることは可能ということになる。



チャーさん・・・

(こいつも高校生なのか?)




ギルドに居る人たち
戦時中学徒動員で工場に派遣されていた人たち
そう考えれば納得だったりします。

それに夜間高校などでは
普通におっさんくさい高校生も居ますし。




あたしは本当に神が居るのなら
立ち向かいたいだけよ。
だって理不尽すぎるじゃない。
苦しすぎるじゃない。



私の高校時代
ゆりほど酷くはなかったが・・・
普通に高校生活を楽しむと言うには・・・
微妙ですね。


自分の中では半々。
あれはあれでよかった
と思う反面
私の学生生活
やり直せるなら・・・
と思う部分もあります。



【25%OFF】[DVD] Angel Beats! 1(完全生産限定版)


Angel Beats!その他の商品

posted by temari-cat at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angel Beats! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Angel Beats! 2 2/2

Angel Beats! 2 2/2






ギルド連絡通路 B13



水攻めね。



こいつ
カナヅチだったのか。



出口はこっちだ!
来い!






ギルド連絡通路 B15



ぷは。
はぁはぁはぁ。



ぷは!



はぁはぁはぁ・・・
ほら。



ありがとう。



ゆり!
こっちだ!



椎名さん?



行きましょう。







ぁ?
何であんなもんが?



あれは!



あぁぁぁぁ!!!
子犬が流されている!



えぇぇ?!



椎名さん
駄目!



ドボン



あぁぁぁあ!

不覚!
ぬいぐるみだったぁ!



椎名さんまでトラップの犠牲に・・・



あれも天使用トラップかよ?!
つか一目で気づけよ。



かわいい物に対する誤認は
彼女の弱点よ。



へぇ。
意外とかわいいとこあるんだな。

でも大丈夫なんだろ?
彼女も。



ぇ?



ぁ・・・
ぁ・・・






ギルド連絡通路 B17



残ったのはあなただけね。



そうみたいだな。



ぁ・・・



本当の軍隊なら
みんな死んで全滅じゃない。
ひどいリーダーね。



ぁ・・・
仕方無いだろ?
対天使用のトラップだ。
これぐらいじゃなきゃ意味ねぇよ。

ぁ・・・
あの・・・
ちょっと休んでいかないか?



そうね。
服も乾かしたいし。



あんな連中をよく統率していられるな。
どうしてあんたがリーダーに選ばれたんだ?



初めにはむかったから。
それだけの理由よ。



天使にか?



そう。

兄弟が居たのよ。



ぁ?



あなたには無い
記憶の話よ。



この世界に来る前の・・・
生きていた時の話か?



そう。
あたしを含めて4人兄弟よ。
あたしが長女で下に妹が二人
弟が一人居たわ。

両親の仕事がうまくいってたこともあって
すごく裕福な家庭だった。
自然に囲まれた
まるで別荘のような家で暮らしてた。

夏休みだったわ。
両親が留守の午後
見知らぬ男たちが家の中に居たの。
真夏なのに暑そうな目だし帽をかぶってね。

一目で悪いことをしに来たんだわって
わかったわ。
あたしは長女として
絶対にこの子達を守らなくちゃって思った。
でも
かないっこ無いじゃない。

連中はもちろん金目の物狙いよ。
でもやつらは見つけだせなかったの。
むやみに窓ガラスやテレビを壊したりして
苛立ちを見せ始めたわ。
連中があたしたち兄弟にとって
最悪のアイデアを思いついたのよ。



おねぇちゃん。
あんたは長女だ。
家の大事な物のありかぐらい
教えられているだろ?

地震が来たらそれを持って逃げなさいだとか
強盗さんがやってきたら
それを差し出してお帰り願いなさいとかさ。
聞かされた覚えあるだろ?



知らない・・・
そんなもの・・・
知らない・・・



さぁ
それを探しておいで。

僕らが気に入らなかったら
この子たちとは悲しいことだけど
一人ずつお別れになってしまうよ。

一人につき10分。
10分ごとに一つ持っておいで。



あたしは必死に家の中を探し始めた。
頭がひどく痛かった。
吐き気がした。
倒れそうだった。

あの子達の命がかかっているんだ。
探し出さなきゃならないんだ。
けど
あいつらが気に入る
価値のある物なんてわからない。



ぁ!
時間が・・・
急がないと・・・
急がないと・・・

この一番大きな壷を持っていこう。
ぅ・・・
重い・・・

これだけ重かったら
きっとすごい価値があるに違いない。
ぅ・・・
ぁ・・・



ゴトゴト

ガシャン



ぁ!
ぁ・・・



警察が来たのは30分後。
生きていたのは私一人だった。



ぁ・・・



別にミジンコになったって
かまいはしないわ。
私は本当に神が居るのなら
立ち向かいたいだけよ。
だって・・・
理不尽すぎるじゃない。

悪い事なんて何もしていないのに・・・
あの日までは立派なお姉ちゃんでいられた
自信もあったのに・・・
守りたい全てを30分で奪われた・・・
そんな理不尽って無いじゃない・・・

そんな人生なんて・・・
許せないじゃない・・・



強いな。
ゆりは。



ぁ・・・



俺の記憶がそんなのだったら
とっとと消えてしまいたくなるかもしれない。
でも・・・
ゆりは抗うんだな。



そうよ。



なぁ
一つだけ聞いていいか?



何?



ゆりはどうして死んだんだ?



ぅ・・・
あぁ・・・
馬鹿ね!
自殺なんかじゃ無いわよ!
自殺した人間が抗うわけ無いじゃない!
それにこの世界に自殺した人間は居ないわ!
さ、行きましょ。
あなたは私が守るわ!






よっ!



ぁ!
ここがギルド?!



ギルド最深部



ゆりっぺだ!



来た!



無事だった!



こいつらがここで武器つくってんか?



あの罠の中
たどり着きやがったか。
ゆりっぺ!



さすがだな。



そんな事より天使は?



さっきまで進行は止まっていたが
また動き出したようだ。



ゴゴゴゴゴ



またかかった。



近い・・・



ゆりっぺ・・・



ここは破棄するわ。



そんな?!
正気か?
ゆりっぺ。



そうだぜ。
武器が作れなくなってもいいのかよ?!



大切なのは場所や道具じゃない。
記憶よ。
あなたたち
それを忘れたの?!



ぁ・・・
いや・・・



どういう事だ?
ゆり。



この世界では命あるものは生まれない。
けど形だけのものは生み出せる。
それを構成する仕組みと
作り出す方法さえ知っていれば
本来何も必要無いのよ。
土くれからだって生み出せるわ。



だがいつからか効率優先となり
こんな工場でレプリカばかり作る仕事に慣れきってしまった。



チャーさん・・・



(こいつも高校生なのか?)



本来あたしたちは
形だけの物に記憶で命を吹き込んできた筈なのにね。



なら
オールド・ギルドへ向かおう。
長く捨ておいた場所だ。
あそこには何も無いが
ただ土くれだけは山ほどある。
あそこからなら地上へも戻れる。



ここは?



爆破だ。



え?!



天使はオールド・ギルドへは
渡らせん。
あそこは俺たちが帰れる唯一の場所だ。



しかし・・・



おぉ・・・



すぐ上だぞ。



持って行くのは記憶と
職人としてのプライド
それだけだ。
違うか?
おまえら?!



はい!



よぉし!
爆薬を仕掛けるぞ。
チームワークを見せろ!



おぉ!



次のトラップはもう無いぞ。
急げ!



ゆり!
どこへ?



時間稼ぎよ!






よっ



あら来たの?
怖く無いの?



下に居てもやる事無いからな。

来やがった。



いくわよ。



ガードスキル
ディストーション



あぁ・・・



対応が早すぎる!



ぇぃ!

ぇぃ!



いつの間に・・・
あいつ接近戦でもやりあえるのか?






弾詰め!



こんな所でいいのかよ?



いいからやれ!



そぉれ!



早く上げ!
いくぞ
どうした!



ガードスキル
ディス・・・



ぁ!



くっそぉ!



ぁ!
音無君!



二人ともどけ!



あんたたち
やれば出来るじゃない!
そんなの簡単には作れないわよ!

音無君
こっち。



いくぜ!



総員退避!



撃て!



やったの?



砲台大破・・・
ってやっぱ記憶に無いものは
適当には作れねぇ。



適当に作るな!



天使が起きるぞ!



お前たち
これで何とかしろ!



中隊急げ!

全員退避完了!



よし。
ギルドを爆破する!
いいな。



やって。



爆破!






何年ぶりだろうな。
本当に何もありゃぁしない。
ははははは。
笑えら。



オールドギルド



壁をつついたらどれだけでも
土くれは落ちてくるわよ。



ひでぇ寝ぐらだよ。



またひとつよろしく。



あぁ。
よぉし!
とっとと始めるぞ!
お前ら!



おぉ!



馬鹿ども。
お目覚め?

ギルドは破棄
天使ごと爆破したわ。

総員に告ぐ。
至急オールド・ギルドへ。
武器の補充はそこで急ピッチで行う。

天使が復活する前に
至急オールド・ギルドへ。
繰り返す。
急げ。
馬鹿ども。



(思わず助けちまった。
何やってんだ?
俺。)



あたしは本当に神が居るのなら
立ち向かいたいだけよ。
だって理不尽すぎるじゃない。
苦しすぎるじゃない。



(お前・・・すごいよ。
みんながついてくる訳だ。
立派にリーダー
出来てるよ。)






次回予告



[c6]
・・・なぜ新曲が
バラード?



[c37]
クライスト
とお呼びください。



[c40]
天使の
住処だ。



[c83]
・・・好きな
歌が
歌えなかった・・・



[c76]
すげぇ
熱だった。



[c62D]
あとあと、
盛り上がる
のはですねー、
Alchemy!



[c118]
記憶
ナシオッ



[c330]
じゃぁ
何が
起きた
って言うんだ



[c167]
ちょっと
お前らの事
見直して
きたところなによっ!



[c326]
最悪の
設定だ



[c219]
天使、
出現しました



[c231]
・・・ここまでね



[c245]
・・・それに
さわるなぁーッ!



[EPISODE.03]
My Song




タグ:Angel Beats!
posted by temari-cat at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angel Beats! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Angel Beats! 2 1/2

Angel Beats! 2 1/2


Guild






校長室

対天使用作戦本部



高松君
報告をお願い。



はい。
武器庫からの報告によると
弾薬の備蓄がそろそろ尽きるそうです。
次一戦交える前には
補充しておく必要があります。



新入りも入ったことだし
新しい銃も要るんじゃないの?



そうね。
わかったわ。
本日のオペレーションは
ギルド降下作戦といきましょう。



(うわぁぁぁぁぁぁ・・・
降下・・・作戦・・・)



どうした?
音無。



高いのは得意じゃないつぅか・・・



何言ってんのよ。
空から降下じゃないわ。
ここから地下に降下よ。



うわなんだぁ。
地下かぁ・・・
って地下?!



あたしたちはギルドと呼んでいる。
地下の奥深くよ。
そこでは仲間たちが武器を作ってるの。



じゃぁ天使にばれないようにって事か?



そうね。
ギルドを抑えられたら
武器支援が無くなり
あたしたちの勝ち目は無くなるわ。



プルルルル
プルルルル





へい。



あたしだ。
今夜そちらに向かう。
トラップの解除を頼む。



了解。
今晩だな。
待ってるぞ。



ま、今回はこのメンバーで行きましょう。



あれ?
え?
野田君はいいの?



あのバカはどうせまた単独行動してんだろ?



All right Let's Go.






体育館



せぇの!



よぉし
行くか!



ぇぃ!



ほら
突っ立ってねぇで行くぜ。



こ・・・
この中にか?



これが入り口かよ。






ギルド連絡通路 B1



ギルドに入るの
久しぶりだね。



よっ
暗いなぁ。



おい
誰か居るぜ!



ぁ?



ふ。



あぁぁ・・・
バカが居た。



音無かくかくしかじか
俺はまだお前を認めていない。



まさかこんな所で
待ち構えている意味がわかんないよな。



野田君はシチュエーションを重要視するみたいだよ。



意味不明ね。



別に認められたくも無い。



貴様
今回は千回しなねぇと・・・



ぁ!



い〜つもひ〜♪



ゴーン



臨戦態勢!



トラップが解除されてねぇのか?!



何事だ?



見てのとおりだ。
ギルドへの道のりには
対天使用の即死トラップがいくつも仕掛けてある。
その全てが今もなお稼働中と言う訳さ。



という事は・・・



トラップの解除忘れかな?



まさか俺たちを全滅させる気かよ?!



いいえ。
ギルドの独断でトラップが再起動されたのよ。



なぜ?



答えは一つしかない。
天使が現れたのよ。



この中にか?



Just round them



不覚。



ギルドの連中は俺たちが居るのを知ってて
こんな真似をするのか?



あなたはまだわかっていないようですね。
何があろうと私たちは死ぬわけじゃない。
死ぬ痛みは味わいますが。



それが嫌なんだが・・・



しかしギルドの所在がばれ
陥落すれば
銃弾の補充も壊れた武器の補填も
きかなくなる。
それでどうやって天使と戦うと言うのです?



ギルドの判断は正しい。



ぁ・・・



天使を追うか?



トラップが解除されてねぇ中をかよ?



天使はそのトラップで何とかなるだろ?
戻ろうぜ。



トラップはあくまでも一時的な足止めにすぎないの。
追うわ。
進軍よ!






ギルド連絡通路 B3 



そう言やぁどんなトラップがあるんだよ?



いろんなのがあるぜ。
楽しみにしてな。



ぁ!
まずい!
来るぞ!



ぁ・・・何が?



ゴゴゴゴゴ



走れ!



Oh god, crazy!



うわぁぁぁぁぁ!



こっちだ!
早く!



うわぁ!



高松の声・・・
やられたかぁ。



高松君以外は無事みたいね。
行きましょう。



いいのかよ?
助けなくて?



死ぬわけじゃない。
ほっといても自力で抜け出して
地上に戻るさ。



そうなのか?



ほらよ。



あぁ、わるい。
さっきは助かったぜ。



いいってことよ。
俺さ
お前のこと結構気に入ってんだ。



これなのか?



ちげぇよ!






ギルド連絡通路 B6



開く?



もち無理だぜ。



あぁ!
しまった
忘れてたよ!
ここは閉じ込められるトラップだった!



そんな大事な事忘れるなよ!



あさはかなり。







そこからやばいのが来るわよ。



よけろ!



どいて!



何だ?



ぇぃ!



ボン



ぅ!

ぁ・・・
当たるとどうなるの?
あれ・・・



最高の切れ味で胴体を真っ二つにしてくれるぜ。



第二射来るぞ!



どうすりゃいいんだよ?!



伏せるわよ!



第三射来るぞ!



第三射は何だっけ?



Xだ!



あんなのどうしろって言うんだよ?!



それぞれ何とかして!



早く開けろ!



ぅっ!



うわぁ!!!



見るな!
耐え切れねぇ。



何だ?



開いたぞ!
急げ!



ぅぇ・・・



今度の犠牲は松下君か。
あの身体じゃ仕方ないわね。



少しはダイエットしろ
ってもんだ。



ひでぇもん
見ちまったんだろうな。
あいつ
目の前で。

俺はお前が生きててくれて助かったぜ。
あ・・・
ちなみに切り刻まれても
暫くすりゃ元に戻るぜ。



へっへへへへへ。






ギルド連絡通路 B8



ぁ・・・



トラップが発動してるわ!



しまった!
忘れてたよ!
ここは天井が落ちてくるトラップだったぁ!



だからそんな大事なこと
忘れるなよ!



ぁ?



うっふぅ!



TK!



Hurry up!
今なら間に合う!
OH!
そんでもって達者にやれぇ。



ありがとう。



じゃぁな。



達者でな。



ぅぅぅぅぅ・・・



Sorry・・・



ぅぅぅ・・・あぁ・・・



TKまで犠牲に・・・



したんだ。
お前らが・・・



だから大丈夫だって。
平気、平気。



犠牲を無駄にしないようにね。
行くわよ。






ギルド連絡通路 B9



ぁ!



ぁ・・・
どうした?



なんか・・・



うわ!
しまった!
忘れてたよ!
ここは・・・



だから忘れるなよ!



ぅ・・・
重すぎて持たない・・・



俺と音無も落ちるか?



ちょっと待って!
勝手に決めるな!



ここで一気に戦力を失うのは
得策ではない!



わかってるわよ!
早く上りなさいよ!



ぁ・・・
音無・・・いけるか?



やるしかないだろ?



ぇぃ!



あぁぁぁ!



ははははは。
お前Sだな。



うるせぇ!
次、肩いくぞ!



ぅ・・・
何してんのよ!
休んでないで早くしなさいよ!



どこつかみゃいいんだよ?!



どこでもいいわよ!
好きにしなさいよ!



ぁ・・・
ん・・・



早くしなさいよ。



あぁ。



んなんじゃ落ちるわよ。



だよな・・・

は・・・ぅ・・・

(ぅ・・・なんだこいつ・・・
こんないい匂いするんだよ。
やべ。
上らないと・・・)



ぁ・・・



てぇ・・・
なんでお前
こっち向いてんだよ・・・



仕方ないじゃない!
とっとと上ってくれないと



ぉおぉぉ・・・



きゃぁ!!!
そんなとこ持たなきゃないでしょ!



あぁぁ・・・
馬鹿・・・



えぇと・・・
日向のやつ・・・



尊い犠牲となったわ。



そう。



ついに4人になっちゃったわね。



ふ。
よくもまぁ
新入りのてめぇが生き残ったもんだな。



まぁな。



次はてめぇの番だぜ。




タグ:Angel Beats!
posted by temari-cat at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Angel Beats! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
上にもどる|temari-cat の アニメ 日記 トップページへ
Copyright (C) 2007 <% blog.title %> All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。